B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

UKテイストにあふれた 建築業とアパレル販売
鳥谷興業株式会社/More Tea Vicar? 代表取締役 鳥谷和宏

 
プロフィール 佐賀県出身。学生時代からパンク・ロックに傾倒し、本場イギリスの文化やファッションに興味を持つ。高校卒業後に上京。仕事をしながら音楽活動に精力的に取り組んだ。鳥谷興業(株)を設立後も音楽と両立させながら事業を展開。2018年5月にアパレルショップ「More Tea Vicar?」をオープン。現在もバンド活動は継続中で、同年にはイギリスでのライブも実現した。【ホームページ
 
 
 
東京都杉並区高円寺で、イギリスの音楽と文化をこよなく愛する個性的な夫妻が運営するアパレルショップ「More Tea Vicar?(モア ティー ヴィカー?)」。パブのような雰囲気を醸し出す店内は、古き良き英国の世界へ迷い込んだかのような感覚を与えてくれる。同店を運営する鳥谷興業株式会社の代表取締役・鳥谷和宏氏と、妻であり店長を務める鳥谷晴菜氏に、自身もUKロックにゆかりを持つ鶴久政治氏が話を聞いた。
 
 
 

UKテイストにあふれたアパレルショップ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 建築事業を中心に手がける鳥谷興業株式会社の販売事業部として、2018年5月にオープンした東京都杉並区高円寺のアパレルショップ、More Tea Vicar?さん。運営元である鳥谷興業の鳥谷和宏社長と、奥様の鳥谷晴菜店長にお話をお聞きします。とてもUKテイストにあふれた、良いお店ですね!
 
鳥谷(和) 私たち夫婦共に、イギリスの音楽やファッションが大好きなんです。この店を始めたきっかけも夫婦でイギリスに旅行したことでした。
 
鳥谷(晴) 現地の空気に触れて、「好きなものを仕事にしたい」との思いが募った結果、当店をオープンしたんです。
 
鶴久 私もイギリスの文化は大好きですよ。このレタードカーディガンなんて、高校生の頃によく着ていたのを思い出すなぁ。当時はイギリスのミュージシャンであるエルビス・コステロやクラッシュをよく聴いていましたね。
 
鳥谷(和) 私はセックス・ピストルズが好きで、ファッションもパンク一筋です(笑)。もちろん、チェッカーズさんのことも福岡時代からよく存じていますよ。
 
鳥谷(晴) 夫は佐賀県、私は長崎県で、鶴久さんと同じ九州出身なんですよ!
 
鶴久 そこにも共通点があったとは! 今日はぜひ、音楽とファッション、そしてお仕事についてたっぷりとお話をうかがいましょう!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事