B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不動産投資をサポートし 充実の人生へナビゲート
YOUR REAL ASSET 代表 桑原眞人

 
プロフィール 神奈川県出身。大学時代に宅地建物取引士および日商簿記二級の資格を取得。不動産デベロッパーに就職し、営業や経理、物件企画を担当する。12度の転職を経験し、リーマンショックをきっかけに「安定した会社員こそ人生の備えが必要」と実感。不動産投資コンサルタントの活動を開始する。「私は自分の仕事が大好き大賞」理事・7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーターなど、本業以外でも精力的に活動中。【フェイスブック
 
 
 
不動産投資は事業家や資産家がするものと考える人も多いだろう。そんな中、「安定している会社勤めの人や、将来に不安を持つ若者にこそ勧めたい」と話すのは、投資コンサルティング会社YOUR REAL ASSET(ユアリアルアセット)の桑原眞人代表だ。バブル崩壊やリーマンショックを乗り越えてきた経験から、的確かつ親身なサポートを行う。不動産投資に不安を覚える人にこそ伝えたいという熱い思いを、余すことなく語ってもらった。
 
 
 

大不況時代に実感した人生の杖の重要性

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 資産形成コンサルティングを行うYOUR REAL ASSETさん。桑原代表は不動産業界で長いキャリアをお持ちだそうですね。
 
桑原 父が不動産業だったため、幼い頃からマンションのチラシを見ては間取りの品評をしていました(笑)。大学時代に宅建を取得し、卒業後は不動産会社に就職。バブル崩壊直後の時代、「2ヶ月に1件の成約で良し」とされる中で40ヶ月連続で成約、クレーム0件を達成したこともあります。
 
杉田 多くの人が不動産から手を引く時代に、それだけ販売実績を挙げるのはすごい! まさに不動産のサラブレッドですね(笑)。
 
桑原 ただ、その後勤めた上場企業がリーマンショックで456億円もの負債を抱えて倒産したんです。「一生懸命やっても、会社が沈めば個人の幸せも吹き飛ぶんだ」と実感しましたね。結果、金融や広告代理店など12回の転職を重ねました。そうして不動産以外の業界についても学ぶ中で、“転ばぬ先の杖”の必要性をより強く認識したんです。
 
杉田 それが現在のお仕事につながるんですね。起業を決意したきっかけは何ですか?
 
桑原 賃貸管理会社での勤務時代、多くの不動産オーナーさんが充実の人生を送っていることに気が付いたんです。家賃収入こそ人生の“杖”ではないかと考え、不動産投資のコンサルティングを始めました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事