B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

とびも解体も全部お任せ
安心安全の総合建設業

 

とびから建材まで手がける総合建設業

 
glay-s1top.jpg
吉井 続いて事業内容について詳しくおうかがいします。総合建設業というのはどのような事業なのでしょう。
 
松本 昔はとびがメインでしたが、今はとびや土木工事はもちろん、鉄骨工事や解体まで建設関連をトータルで請け負っています。実は2018年11月に父が他界したので、父がやっていたサッシや建具などの建材事業部も引き継いだところなんです。ですから、骨組みから完成まですべて対応できるんですよ。
 
吉井 すべてお任せできるとは、お客さんもいろいろなところに頼む必要がなくて喜ばれるでしょう。
 
松本 そうですね。支払う金額が高ければ高いほど、お客様は信頼できる会社を選ぶものですから。そういった意味では宇都宮で一番の高層マンションを任せてもらえたことを誇りに思っています。
 
吉井 今までの実績や信頼があってこそですね。松栄工業さんのホームページを拝見し「とびってかっこいいな」と思いました。しかし、まだまだきつい仕事というイメージがあり、若い世代の育成が難しそうだとも感じました。
 
松本 教育の難しさは日々実感していますね。現在は、私が育ってきた10代の頃のような、体育会系の指導法は通用しませんから。
 
吉井 今は厳しく叱るとすぐに人が辞めてしまうと聞きます。人材育成ではどんなことに気を付けているのでしょう。
 
松本 できるだけ優しく笑顔でコミュニケーションするようにしています。厳しく叱ると反発を生むので、まずは話しやすい雰囲気をつくるようにしているんです。挨拶やコミュニケーションが苦手な子も多いですからね。また、2015年頃に、人材採用や育成について悩んでいたところ、たまたま出向いた法務局で、少年院や鑑別所から出てきた人の雇用先にならないかと声をかけられまして。
 
glay-s1top.jpg
骨組みから完成まですべてに対応!
吉井 聞いたことがあります。保護観察下で、仕事をしてもらいながら更生させるんですよね。
 
松本 ええ、私は過去に犯してしまった罪についてはまったく気にしていません。それよりも1人の人間として更生させ、職人として育てていきたいと考えているので、すぐにアパートを用意し、住める状態にして受け入れたんです。
 
吉井 住むところまで用意されたとは驚きです! 今は何名くらいいらっしゃるんですか?
 
松本 3名です。みんな、まじめによくやってくれていますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事