B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

宝石のように音楽を贈る 思いを音にする楽曲制作
はなまるミュージック 代表 新島遥

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 本日は千葉県習志野市の、はなまるミュージックさんにお邪魔しています。まずは事業内容から教えてください。
 
新島 主に楽曲制作やボイストレーニングを行っています。楽曲制作はイベントや映像向けBGM制作などがメインですね。2014年からは「ドリームプラン・プレゼンテーション」というイベントに作曲担当として参加しています。これは発表者が“自分が夢をかなえたらどんな世界になるか”をプレゼンし、共感と感動で支援者を集めるというイベントで、一人ひとりのために楽曲を制作しているんです。また、ボイストレーニングでは「ちょいガチカラオケ部」という、一般の方向けに歌の教室を実施しています。たった2時間で、驚くほど歌声が良くなる方が多いんですよ。
 
川上 短時間で変化が表れるのはすごいですね! 新島代表がお仕事の中で、大事にしているものはありますか?
 
新島 歌を教えていく中では、最終的に自分だけのオリジナルの楽曲を持っていただきたいと考えています。今感じている自分の思いを歌詞や曲にする。それを10年後、20年後に聴いたときに「あのときこんな思いがあったんだね」と感動が蘇り、なにものにも代え難い宝物になると思うんです。
 
川上 その感覚、わかります! 小学校の頃、音楽の先生が私の歌声をカセットテープに録音してくれていたんですよ。その後、大人になってからテープをいただき、当時の自分の歌声を聞いたときは、とても感動しました。
 
glay-s1top.jpg
新島 素敵なお話ですね。私もそんな“人生の中の輝いている瞬間を切り取り、紡いでいく音楽”を目指し、人の思いを音にしたいという気持ちで楽曲制作に取り組んでいるんです。制作のご依頼に対して、100%でお応えするのは当然です。私はそこへプロとして私のできる価値を織り込み、“105%の作品に仕上げる”をモットーにしています。
 
川上 思いは人それぞれですから、音楽もまた思いごとにありますよね。
 
新島 ええ。依頼者様の個性に合わせて“song gift”をつくる感覚ですね。例えば、結婚記念日などの人生の節目に最愛の人へ宝石を贈るように、音楽も一つの贈り物としてとらえていただきたいと考えています。思いのギュッと詰まった言葉と音は、時を超えた宝物になるんです。
 
川上 素晴らしいですね。やはり、音楽は人生に彩りを与える特別なものだと感じます。今後も音楽の感動を、多くの方々に届けてくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私の奏でた音楽が、たった一人の心を動かすということ。その心の変化や感動は、私にとってなにものにも代えられない価値であり、最大の楽しみです。
(新島遥)
 

:: 事業所情報 ::

はなまるミュージック

〒275-0005 千葉県習志野市新栄1-9-25-105

ホームページ
http://hanamaru-music.net
ブログ
https://ameblo.jp/harukanijima

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事