B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高齢者支援と地域活性化便利屋を軸に多様な展開
株式会社REGOLITH CORPORATION 代表取締役 麻倉千聖

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 便利屋事業、映像制作事業、通信販売事業など、多様な事業を手がける株式会社REGOLITH CORPORATION(レゴリス コーポレーション)さん。設立したのはいつ頃なんですか?
 
麻倉 2012年です。最初は便利屋事業からスタートし、現在も事業の軸になっています。
 
 近頃は便利屋業も良く耳にするようになりました。具体的にはどんな依頼が多いんでしょう?
 
麻倉 引っ越しのご依頼や、高齢者の方の買い物代行、カーテンの取り付けや電球交換などの日常生活のサポート、それに運動会や花火大会などの場所取りまで、さまざまな依頼がありますね。
 
 どんな依頼にも対応してくれるんですね! その中で、例えば引っ越しを専門の業者ではなく、御社に依頼する理由はなんでしょう?
 
麻倉 大きな理由は専門業者に比べて料金がリーズナブルなことですね。通常の引っ越し業者ですと、最低でも作業員が2人1組で担当します。しかし、弊社ではお客様にも手伝っていただくことを前提にスタッフ1人でも対応するので、人件費が抑えられるんです。また、「すぐに引っ越しをしたい」という急なご依頼にも可能な限り対応しますので、それも理由の一つだと思います。
 
 お客さんが手伝うことで料金を抑えらえるのは、便利屋業者さんならではの利点ですね。柔軟に対応してもらえるのも、一人暮らしの方の引っ越しや、ちょっとした引っ越しをしたいときには便利ですよ。
 
glay-s1top.jpg
 
麻倉 ありがとうございます。もちろん、どんなご依頼でも事前にしっかりと見積額を提示し、ご納得いただいたうえで仕事にとりかかります。嬉しいことにご依頼を受けると、ほとんどのお客様はリピーターになってくださるんですよ。
 
 何度も依頼してくれるのは、信頼されている証拠でしょうね! ほかにも日常生活のサポートなど、特に高齢者の方からの需要は高いのではないですか?
 
麻倉 そのとおりです。お子さんがお仕事などで忙しく、頻繁に頼みづらいとか、ご家族と離れて住んでいるので交流がないなどの背景があるようですね。ですから、ご自分のお子さんと話すような感覚で、スタッフとの会話を楽しんでいるお客様もいますし、中には一緒に買い物に行ってほしいというお客様もいるんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事