B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

防水工事と外壁塗装で地域の暮らしに貢献!
T-works 代表 滝沢誠

 
プロフィール 東京都出身。高校卒業後は寿司職人として修業を積む。モチベーションの高い同期に刺激を受け自分を見つめ直し、不動産会社の営業に転身した。その後、友人の誘いを受けて防水工事の仕事に就く。コーキングやウレタン防水の技術も身につけたことで、同級生に背中を押されて独立を決意。2010年にT-worksを立ち上げ、自身も暮らす狛江市を拠点に事業を拡大している。【ホームページ
 
 
 
住まいや店舗などの建物に欠かせない防水工事を手がけるT-works(ティーワークス)。代表の滝沢誠氏は長く東京都狛江市に住み、同市を拠点に事業を拡大している。外壁塗装の技術も身に付け、さらなる進化を遂げる滝沢代表の原動力とは何か。それは「お客様を絶対に裏切らない」という決意であり、地域への愛着だ。狛江への感謝の思いや、若いスタッフのため建築業界を変革したいという情熱をじっくりとうかがった。
 
 
 

同級生の言葉が独立のきっかけに

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 東京都狛江市を拠点に、シーリング工事や防水工事などを手がけるT-worksさん。滝沢代表は、どのような歩みを経て業界に入ったのでしょうか。
 
滝沢 私は高校卒業後、3年ほど寿司店で修業を積みました。ただ、ものすごく頑張る同期を見て、「自分はこのままではいけない」と刺激を受けたんです。そこで不動産会社の営業に転職しました。その半年後、学生時代の友人に「一緒にやろう」と声をかけられて21歳のときに防水の仕事を始め、それからもう22年になりますね。
 
吉井 建築業界に、しっくりくるものがあったのでしょうね。
 
滝沢 はい、寿司職人として学んだ後で不動産の営業を経験したことで、やはり自分には職人の世界が合うと実感しました。体育会系の現場の雰囲気が好きで仕事に集中できますし、体は疲れるものの、気持ちは営業より楽でした。もちろん、サポートしてくれる先輩方に恵まれたおかげで今まで続いているんだと思います。
 
吉井 それでは詳しい業務内容や、独立までの経緯について教えてください。
 
滝沢 コーキングやウレタン防水など、幅広い施工をしています。コーキングとは、バスタブの回りや外壁のタイルなどの目地を埋める工事。ウレタン防水は、駐車場や屋上などをウレタン製の樹脂で加工する工事です。リーマン・ショック後に、当時、勤めていた会社の現場が減ってしまい、これらの技術を新たに覚える必要がありました。すると先に起業していた同級生から「そういう努力を続けているなら、起業したほうがいい。自分たちも仕事を頼める」と声をかけられたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事