B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

中国での経験を活かしたショッププランニング
株式会社クラシカ 代表取締役 中井英夫

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 国内外のアパレルショップや飲食店のショッププランニングを行っている株式会社クラシカさん。中井社長は、起業される前は何のお仕事をしていたんですか?
 
中井 百貨店の環境プランニングや空港内の商業ゾーンのプランニングなどをしていました。具体的に言うと、店舗や通路などの環境づくりやショップのデザインなどですね。
 
タージン なるほど! そのスポットの印象を左右する、重要な仕事を手がけられてきたんですね。クラシカさんでは、具体的にどのようなことをされているのでしょう。
 
中井 主に日本国内で展開する、飲食店やアパレルショップのプランニング、中国企業のショッププランニングや、これから中国に進出したい企業のサポートを行っています。逆に中国で家具を製作して日本に持ってくることもあります。
 
タージン すごいですね。中国の企業とはどういった縁でお仕事を?
 
中井 中国ですでに仕事をされている、アパレルのコンサルタントの方の紹介がきっかけです。そのブランドショップを中国各都市に出店する業務を任され、北京に滞在するようになりました。その間に、ほかの中国の企業との縁がつながり、今でもプランニングのお仕事をさせていただいています。
 
タージン そうなんですか。なかなか貴重な経験をされていますね。
 
中井 そうですね。北京を拠点に30あまりの中国各市を廻り、現地の人たちの物事の好みや仕事の規模など、日本とは違う感覚で仕事していたので、多くのことを経験できました。
 
タージン 実際に中国で活動されてきた経験は大きな強みですね。中国進出について聞きたい日本企業はたくさんあると思います。クラシカさんではプランニングにどんなこだわりを持っているんですか?
 
glay-s1top.jpg
中井 メインは商品なので、その商品をどう見せるかに一番こだわっています。例えば、アパレルショップだと服を最も美しく見せるにはどうすればいいか。飲食店だったら、来店するお客様をイメージして、楽しい、雰囲気が良いなど、その瞬間が一番、輝けるような空間を考えます。特にアパレルショップは、流行と密接な関係があるので、デザインも古くならないようにしているんです。
 
タージン 流行もしっかりチェックしてくれるとは、ますます頼もしいですね。文化の違う中国での仕事は大変だったでしょうが、中井社長の経験は本当に貴重だと感じました。現地で培ってきたノウハウを活かして、これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分自身が「楽しい」と感じることを仕事にしたいと思ってやっておりますが、楽しいと思う中にはいろんな障壁があります。それを乗り越えるのが、一番の楽しさなのではないかと感じています。
(中井英夫)
 

:: 企業情報 ::

株式会社クラシカ

〒535-0002 大阪府大阪市旭区大宮3-11-3

ホームページ
http://classica.site

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事