B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

障がい者相談支援で生涯に寄り添う関係に!
合同会社KRY/いろはケアホーム 代表 浅野由子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 「いろはケアホーム」を運営し、特定相談支援や障がい児相談支援事業を手がける合同会社KRY(ケーアールワイ)さん。僕にはあまりなじみがない業種なので、どんなお仕事なのか教えていただけますか?
 
浅野 18歳以上の障がい者を支援するのが特定相談支援で、それより年下の児童をサポートするのが障がい児相談支援です。わかりやすく言うと、どちらも高齢者福祉におけるケアマネージャーのような役目を果たす支援ですね。ケアマネージャーは介護を必要とする方に最適なケアプランを立ててそれを実行する。それと同じで、障がい者の方に福祉サービスのケアプランを立て、その方の希望する生活ができるよう支援する事業なんですよ。
 
畑山 利用者さんの要望を聞いて、最適なプランを立ててくれると。
 
浅野 はい。ご本人やご家族様のご希望をお聞きして、一人ひとりにぴったりのプランを作成します。利用者さんが放課後等デイサービスや福祉作業所に通い始めてからも、小まめなモニタリングを欠かしません。
 
畑山 どんなことでも相談していいんですか?
 
浅野 大丈夫です。恋愛の悩みを相談されることもありますから(笑)。私は以前、高齢者向けデイサービスの管理者をしていて高齢者福祉にも詳しいので、そちらのご相談にも対応できますよ。
 
畑山 プライベートな相談にも乗ってくれるなんて頼りになるなぁ! 障がい者の方々に希望を与えてくれる存在ですね。
 
浅野 障がい者の支援は、高齢者福祉と異なりサービスや必要な手続きが複雑で、誰に相談すればいいかわからない方が多いんです。ですから、そうした方々の悩みには何でもお応えしたいですね。
 
畑山 それだけ一人ひとりの利用者さんに寄り添うと、苦労も多いんじゃないですか。
 
glay-s1top.jpg
浅野 利用者さんは自分の子どもや大切な方と同じような存在ですから、やりがいを感じることや喜びのほうが多いですね。ご本人やご家族様に寄り添い、生涯のつながりを育めるよう深く関わっていきたいです。相談に来た方を見学で施設にお連れしたときに、以前介護事業でお世話をした方、そしてもちろん、今の利用者様が「会えて嬉しい」と喜んでくれると、私も嬉しい。「浅野さんはいつ来るの」「浅野さんでなければ嫌だ」と、頼りにしてくださる方が大勢いるので、これからも頑張ります!
 
畑山 “障がい”がある方の“生涯”を支え、一人でも多くの方の人生を手助けしてくださいね。僕も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
利用者さんが、これまでできなかったことをできるようになったときが、一番嬉しいです。ご家族様から感謝の言葉をいただけますし、本人も心を開いてくれているのを感じて、ありがたいですし、やりがいにもなります。一般の方々がもっと障害理解をしていただけるような働きもしていきたいです。
(浅野由子)
 

:: 企業情報 ::

合同会社KRY/いろはケアホーム

〒592-0012 大阪府高石市西取石1-17-6

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事