B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

安心・安全なカスタムで楽しいバイクライフを!
ベルモーターサイクル 代表 鈴木豊

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 バイクの修理やカスタムを手がける茨城県龍ケ崎市のベルモーターサイクルさんにお邪魔しています。鈴木代表は子どもの頃からオートバイが大好きだったそうですね。
 
鈴木 そうですね。人から譲ってもらったバイクを分解するのが好きで、16歳になると自分でも免許を取得して乗り始めました。社会人としては、洋品店の経営等を経て大手バイクメーカーやショップに十数年勤務し、管理職も務めてから独立しました。
 
川上 こちらの修理工場はとても広いので驚きました。作業がしやすそうですよね。私も工具が好きなので、こういう現場は見ているだけでわくわくしますよ。こちらには、どのようなバイクが持ち込まれるのでしょうか。
 
鈴木 年代物のバイクが多く、30代以上のお客様が中心ですね。修理は長くても1週間くらいで終わらせます。カスタムは内容によりますが、1ヶ月以内で終わらせるようにしています。中には、1年近くお預かりしてコツコツとレストアカスタムしているバイクもありますけどね。ご依頼があれば自転車の修理もしますよ。
 
川上 自転車まで引き受けてくれるなんて、近所の方は助かりますね。お客さんと接するうえで心がけていることはありますか?
 
鈴木 お客様のバイクへの気持ちは、我が子への思いのように強いものですから、数あるショップの中から当店を選んでいただいたご期待に添えるよう、安心感と信頼感を持っていただけるように心がけています。
 
川上 お客様との距離の近さを感じるお言葉です。ここだけは譲れないというポリシーもお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
鈴木 バイクは乗り物ですから、「命を預かる」という気持ちで、安全・安心への強いこだわりを持って取り組むことでしょうか。私は運転中に何度か危険な目に遭ったことがあります。しかし、私が手がけたバイクでお客様にケガをさせるわけにいきません。だから「危険だ」と判断したカスタム等は、お客様のご要望でもお断りします。ただ、一方的に拒否するのではなく、要望に応えつつも安全に仕上げられるかを、お客様と一緒に考えるようにしていますね。
 
川上 人当たりの良い鈴木代表なら、どんなことでも気軽に相談できそうです。これからも、お客さんに楽しいバイクライフを提供してください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様のこだわりを形にして喜んでいただけたときでしょうか。その後何年も感謝されることもあって、そういうのは嬉しいですよね。
(鈴木豊)
 

:: 事業所情報 ::

ベルモーターサイクル

〒301-0013 茨城県龍ケ崎市4090-1

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事