B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

合意形成術を世に広め
優れた人材を育成する

 

著書を刊行し役に立つ交渉技術を伝える

 
glay-s1top.jpg
狩野 ギブ・スパイラル・ジャパンさんは、経営も非常にユニークだとお聞きしています。
 
鷹尾 ええ。弊社の社員は、自分の報酬を自分で決めているんですよ。本来、企業と社員は生産性を高め利益を上げるという共通の利害を持っています。でも、世の中には社員の給料を値切って利益を得ようとする会社も多いですよね。すると、そこで利害が衝突してしまうんです。そこで弊社は、社員が「自分をこう評価してほしい。目標を達成できたらいくらほしい」という軸を決め、会社にプレゼンすることで報酬を決定しています。
 
狩野 プロ野球の契約交渉と同じじゃないですか! 社員のみなさんは責任感が高まり、頑張れば評価されることに喜びを感じてくれるでしょう。
 
鷹尾 はい。ですからマネジメントは必要ありません。弊社の社員は自らの目標を達成し成長するため、自主的にアイデアを出し実行してくれるんです。厳しい条件かもしれませんが、退路を断つことによって成長が促されると思っています。私自身、追い込まれた状況が好きなんですよ(笑)。人は自分で決めたことなら自発的に行動できますよね。狩野さんも同じだったのではないでしょうか。
 
狩野 鷹尾代表がおっしゃるように、僕は引退後、球団に残るという選択肢もありましたが、あえて退団して仕事がなければ収入もゼロになる道を選びました。でも、その現実が自分の可能性を広げてくれるし今は仕事がとても楽しいんですよ。
 
glay-s1top.jpg
鷹尾 その気持ち、とてもよくわかります。私は、良い条件が集まっている“陽だまり”に行くのが好きではありません。それよりも自分の力で“陽だまり”をつくりたいんですよ。ギブ・スパイラル・ジャパンのコンセプトは「存在が衝撃」です。現在は私が想像していた以上に個性豊かなスタッフが育ち会社も進化しています。例えば、現在対談しているこのスペースは、スタッフたちが自主的にコーディネイトしたんですよ。将来はますます「そんな会社があっていいのか」と言っていただけるような環境をつくりたいですね。また、近い将来、著書を出して役に立つ交渉術を大勢の方にお伝えしたいと考えています。
 
狩野 このスペースからも遊び心が感じられて、鷹尾代表のマインドがスタッフさんたちに受け継がれているのだとわかりますよ。これからも鷹尾代表には、数多くの方を生き生きとした人生に導いていただきたいですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が“できる”ということを証明することです。難しい仕事にこそ、チャレンジを続けたいですね。
(鷹尾豪)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 一般社団法人日本なりきりマネジメント協会
■ 本社 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルディング9F
■ 事業内容 合意形成能力判定事業/合意形成の研修・教育事業/合意形成習得・普及向上研究・事業助成事業
■ 設立 平成29年10月
■ ホームページ http://narikiri.or.jp/
http://www.give-spiral.co.jp  (株式会社ギブ・スパイラル・ジャパン)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事