B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

鉄一筋の職人がつくる
構造物を支える強い骨

 

これからもいい仕事を続けて周囲に報いたい

 
glay-s1top.jpg
水野 倒産から8年経ち、事業の法人化も果たした今、大きな達成感も得ているのではないですか?
 
山田 いえいえ、ここまでやってこられたのも、ひとえに周囲の方のご協力があってのこと。周りの温かいご支援があったから、私は脇目も振らずがむしゃらに頑張ることができました。だから、事業も安定してきた今は、もっといい仕事をして、その方々に報いたいという気持ちでいっぱいなんですよ。
 
水野 これからは恩返しの時間だというわけですね。そうやって広く周囲を見られる力って、経営者の方ならではのものだと思います。「山田専務だったらついていきます」と語った従業員の方のお気持ちが、なんだか理解できます。今後、経営者として山田社長はどうありたいとお考えですか?
 
山田 現場出身の身として、従業員が持つ「溶接の仕事が好き」という思いを、さらに高めてあげたいと考えています。経営のことは私が引き受けて、現場や工場での仕事に集中できる環境を、より強固にしたいですね。従業員がいきいきと働ければ、その結果として会社も成長します。それを体感する瞬間が、私はとても好きなんですよ。
 
水野 そこまで従業員のことを考えている経営者って、本当に素晴らしいです。山田社長は、心の温かい社長だと感じます。現在、会社の将来については、どのようなビジョンを描いておられますか?
 
glay-s1top.jpg
 
山田 人も溶接機などの機械も、まだまだ増やしていきたいと思っています。そして、長期的には橋梁などの大規模構造物を手がけられる企業にしたいです。建設業界は、取得している許可に応じて工事を手がけられる構造物が決められています。私たちが、橋梁工事が可能な許可を取得するには、まだ時間が必要です。それでも、上を目指す気持ちを忘れず、努力していきたいと考えています。請け負える工事の種類を増やして土台を大きくすることで、次世代に引き継げるような会社にしていきたいですね。
 
水野 心は熱く、歩みは堅実に、ですね。見切り発車での勝負ではなく、一度苦汁をなめたことがあるからこそ、根の張った経営観を持てるのでしょう。ぜひ、これからも、日本の構造物を支えてください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
楽しむためにも、未来が拓けるような仕事をしたいと思っています。上を目指す気持ちを常に忘れずに仕事に取り組んでいきたいですね。
(山田芳照)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社さやま建鐵
■ 本社 〒350-1332 埼玉県狭山市下奥富1322-11
■ 工場 〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富1715
■ 事業内容 鋼構造物工事業/鍛冶・鉄鋼・建設業
■ 設立 平成28年1月
■ 従業員数 12名
■ ホームページ https://www.sayamakentetsu.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事