B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

鉄一筋の職人がつくる
構造物を支える強い骨

 

工場から現場まで一気通貫で鉄骨工事

 
水野 事業内容について、具体的に教えてください。
 
glay-s1top.jpg
山田 溶接などの鍛冶工事や金属工事をメインに、足場の組み立てなどの鳶工事、解体工事などを行っています。最近は、従業員の努力もあり、CAD図面作成などの新規事業にも積極的に取り組んでいます。手がけるのは中規模のビルが中心ですね。鉄骨を弊社の工場でつくってから、現場で組立作業を行います。
 
水野 そうそう、自社工場をお持ちだという点も気になっていたんです。私はてっきり、鉄骨をつくる会社と組み立てる会社は別だと思っていました。両方を自社でまかなうのは、業界で一般的なことなのでしょうか。
 
山田 最近は、どちらか一方専門の会社が増えてきていますね。私の若い頃は、そうでもなかったのですが。
 
水野 となると、今の時代、一気通貫で仕事を請け負えるというのは大きな強みになりますね。
 
山田 そうですね。例えば、現場で「この鉄骨材の溶接具合がちょっと気になるな」と感じれば、すぐに工場へ伝えられますしね。溶接にわずかでも欠陥があれば、構造物の安全に大きな影響を与えるんです。仕上がりのきれいさや強度といった品質には、常に最大限の注意を払っています。
 
glay-s1top.jpg
水野 実は私も友人の紹介で、溶接作業を体験したことがあるんです。そのとき「こんなに難しい仕事なんだ」と驚きました。ただ、普段の暮らしの中で溶接の難しさ、鉄骨の重要さを感じる機会って少ないですよね。
 
山田 構造物ができてしまうと、外からは見えませんからね(笑)。でも、構造物が建つということは、まぎれもなく鉄骨の支えがあるからです。逆に言えば、構造物が倒れてしまえば、自分たちの仕事に間違いがあったということ。だから、私たちは「地震が来てもビクともしないものを」という気持ちで、いつも仕事に臨んでいます。
 
水野 職人としての誇りを、とても感じるお言葉です。自分たちが土台をつくっているんだという思いが、揺るぎない仕事への信念を生んでいるのですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事