B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

頭の先から全身をほぐす
京町家の隠れ家的サロン

 

理想は、止まり木のように人の集まるサロン

 
矢部 サロンをオープンされ、今後はどのような展開をお考えですか?
 
glay-s1top.jpg
角野 幅広い世代に施術していきたいと考えています。優しいタッチで行うクラニオは、赤ちゃんから高齢者まで安心して施術ができるんです。特に体に不安を抱えている高齢者の方に、健康をご提供できればと思っています。
 
永谷 私もさまざまな人に、角野の技術を体感してもらい、喜んでいただきたいですね。だから、プロデューサーとしても、ファッション的なことばかりが先行した店ではなく、技術という土台をしっかりと固めたいと考えています。
 
矢部 ファッションといえば、永谷さんは靴も扱われているそうですね。
 
永谷 ステファノ・ブランキーニというイタリアで注目を集めているブランドのシューズを取り扱っています。同ブランドの代理店は国内に複数ある中でも、私は製作者のステファノと個人的に交友があるため、このような珍しい手染めの一点物なども扱っているんですよ。
 
矢部 あっ、ステファノさんのサインも入っていますね!
 
永谷 これも彼と私の友好の証です(笑)。ゆくゆくは、それぞれの靴が持つ背景や職人が込めた思いなどを知っていただいたうえで、気に入った一足を購入するという彼の靴を中心としたサロンを開きたいですね。
 
矢部 ストーリーを知って買ったものって、絶対に大事にしますよね。そういうサロンを開くと、ステファノさんもきっと喜びますよ。おもしろいアイデアです。
 
glay-s1top.jpg
永谷 異業種の方との関わりも多いので、おもしろそうなことがあれば貪欲に吸収しているんです。今後も角野と力を合わせ、挑戦を続けたいですね。
 
角野 私は、ここを止まり木のようなサロンにしたいですね。「暇だから来ました」「ここだと落ち着くのでお邪魔しました」など、そんな理由での来店も大歓迎です。友だちや家族に言えないような愚痴なんかも、ここで吐き出していってもらえたらと思います。
 
矢部 今日初めて来た私ですら、始終エスペールボナールさんに癒やされっぱなしでした。これから、ここを止まり木として利用する人は増えるでしょうね。ぜひその方たちに、お二人で美の魔法をかけてあげてください。いろんな要素がブレンドされて、エスペールボナールさんがどんなサロンになっていくのか、楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
追求することです。美のように、終わりやゴールがないことこそおもしろいと感じます。続ける中での、変化も楽しいですね。
(角野由美子)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社エスペールボナール
■ 本社 〒604-8342 京都府京都市中京区六角猪熊町603
■ 事業内容 リラクゼーション・美容サロン経営
■ 設立 平成30年6月
■ ホームページ https://www.esperebonheur.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事