B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

仏像を販売して四半世紀すべての人に心の安寧を
株式会社栗田こだわり仏像専門店 代表取締役 栗田和成

 
プロフィール 福岡県出身。大学卒業後、国家公務員として近畿運輸局に勤務。その後、病床に伏せた妻の父に代わって、(株)クリタを継いだ。1993年、経済成長著しい中国へ留学したことを機に、栗田貿易(株)を設立し、仏教書や仏像の輸入と受注生産を手がけるように。ネット販売などにもいち早く取り組み、業界の道筋をつくった。事業開始から25年目を迎えた2018年3月、仏像販売専門業者に事業を変更し(株)栗田こだわり仏像専門店を設立した。【ホームページ
 
 
 
江戸時代まで、門前町では家内工業として多くの仏像が生産されていた。現代の私たちにとっては驚きだが、昔の仏像は大衆的なアイテムだったのだ。「今は高級美術品と見られがちな仏像ですが、本来はもっと身近なものなんですよ」と語るのは、株式会社栗田こだわり仏像専門店の栗田和成代表取締役。万人に開かれた仏教の教えを胸に、仏像販売を手がけて四半世紀になる。その歴史と、誤解されがちな仏像について熱く語ってもらった。
 
 
 

留学を契機に、仏像販売を手がけ四半世紀

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 時東ぁみ(タレント)
時東 栗田こだわり仏像専門店さんは、社名のとおり、仏像を販売しておられるのですね。どういった方が購入して行かれるのでしょう?
 
栗田 寺院関係者の方をはじめ、最近は一般のお客様も増えてきていますね。注文はAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、ネット通販サイトでお受けしていますよ。
 
時東 ネットで!? とても現代的で驚きました。そもそも栗田社長がこの仕事を初めたきっかけは何ですか?
 
栗田 大学卒業後、国家公務員を経て、妻の父が経営する不動産会社を継いだ際に「これからは中国経済が強くなる」と考えて中国に留学しました。そのとき、現地の知り合いの勧めで、日本での仏教書販売事業を始めたんです。すると、寺院関係者の方々から、「仏像も欲しい」という声もいただくようになりましてね。以来、中国で製造された仏像の輸入販売も始めました。そして25年目を迎えた今年2018年、本事業を独立させたのです。
 
時東 さまざまなめぐり合わせがあって、今に至るんですね。なかなかお邪魔できる業界ではないので、今日はどんなお話が聞けるか楽しみです。仏像の魅力についても、ぜひ教えてください!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事