B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

先進的なアイデアで軽貨物運送業界に革命を
株式会社ハコブホールディングス 代表取締役 藤田光

 
プロフィール 青森県出身。20歳で上京し、大手運送会社に就職。4年間働き運送業のノウハウを得た後、ドライバーの待遇や運送システムなどの改善を目指し独立。個人事業主として軽貨物運送業に携わり、2012年にハコブ(株)として法人化する。自身の構想を実現するため2018年にグループ会社を設立するとともに、経営統合のための持ち株会社として(株)ハコブホールディングスを設立した。【ホームページ
 
 
 
東京都で軽貨物運送業を手がける株式会社ハコブホールディングス。代表取締役の藤田光氏は、運送業界が抱える問題点の改善を図るべく活動している。その中で“物流業界のGoogle”を目指し、“次世代の配送ネットワーク”を構築することを目標に掲げていると言う。それは一体どのようなものなのか? 先進的なアイデアを駆使し、今まさに運送業界に革命を起こさんとする藤田社長に、その壮大な構想について語っていただいた。
 
 
 

ニーズに合わせたサービスを

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 東京都新宿区にあるハコブホールディングスさん。まずは御社の事業内容についてお聞かせください。
 
藤田 軽貨物運送サービスや一般貨物自動車運送事業を行っています。ハコブ株式会社では、ルート配送などのB to B、いわゆる企業間取引だけでなく、個人のお客様向けのB to Cサービスも手がけていて、今年2018年からはハコブ引っ越しサービスも開始しました。
 
矢部 “ハコブ=運ぶ”って、とてもわかりやすいネーミングですね! あ、ネーミングと言えば「ハコブ運ばない便」というおもしろい名前の引っ越しサービスもあるとか。
 
藤田 ええ。簡単に言えばドライバー込みのトラックレンタルサービスです。例えば、レンタカーを借りるには手続きなどの手間がかかりますし、友人に協力してもらい、個人で荷物を運ぶのは結構大変ですよね。だからと言って引っ越し業者に依頼すると料金が高すぎる。そんなニーズに向けて、トラックとドライバーだけ手配し、基本的な荷物の積み下ろしはお客様自身に行っていただくことで、必要最小限のコストで引っ越しできるサービスなんです。もちろん、通常の引っ越し業務も手がけていますよ。
 
矢部 お客様のニーズに合わせたサービスが選べるのは便利ですね!