B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

厳選された世界の野菜と
人が集まる青果仲卸

 

今後も多くの野菜と人が集まる場所として

 
glay-s1top.jpg
タージン 取り扱う野菜や下浦社長のスタッフに対する愛情など、どのお話も興味深いものばかりです。今後の下浦商店さんにかける思いも、ぜひうかがいたいですね。
 
下浦 一番の理想は、スタッフの活躍ですね。そのためにも、下浦商店の看板にさらなるバリューをつけて、ブランド力の強化を図りたいと考えています。
 
タージン ブランド力の強化が、スタッフの活躍にもつながるとお考えなんですね。
 
下浦 はい。お客様にとって下浦商店から野菜を仕入れることがステータスになれば、スタッフも「私は下浦商店の社員だ」と、いっそう胸を張れるじゃないですか。また、初めての人とお会いするとき、「下浦商店さんのことはよく知っていますよ」と言っていただけると、誇らしい気持ちになるでしょう。そういった誇りが、仕事に大きなやりがいを生むと思うんです。
 
タージン タレントとして活動する身としても、下浦社長のおっしゃることはとても共感できますね。
 
glay-s1top.jpg
下浦 今後についてもう1つ考えているのが、地域の活性化や町おこしへの協力です。これは、地方のとあるお客様からご相談を受けたことが発端でして。そのお客様の地域では、町おこしの一環として、休眠中の農地を利用し、若者による農業を促進しているのだとか。ただ、せっかく収穫しても、販路がありません。そこで弊社が野菜を買い取り、販売しようと考えているんです。
 
タージン それは素晴らしい取り組みですね。余った土地も活用できるし、新たな野菜のブランドも構築できそうです。栽培する野菜は、やはり特殊野菜が中心ですか?
 
下浦 特殊野菜と有機野菜、そして市場で見なくなった品種も育てていけないかと期待しています。新種の野菜が誕生する一方で、栽培されなくなってしまった種類もあるんですよ。そういう旧種も復活できればと思いますね。
 
タージン ハーブなどの西洋野菜を広くそろえるグローバルな場所であり、なおかつ、復活した昔ながらの野菜も取り扱うようになれば、とてつもなくワイドな野菜の情報発信基地になりそうです。「ここに来たら、何か発見できるだろう」とお客様が思えるのは、会社としてすごい強みだと思います。今後、下浦商店さんがますます多くの野菜、そして人を集めるであろうことを、私も期待しています。どうぞ頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
スタッフが楽しく働いている姿を見るのが私の喜びです。一人ひとりが成長してく姿に「自分も頑張ろう」と思えるし、仕事を楽しむ活力になっています。
(下浦勝也)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社下浦商店
■ 本社 〒553-0005 大阪府大阪市福島区野田1-1-86
■ 事業内容 促成野菜・ハーブ類・高級野菜などの販売
■ 設立 昭和43年4月
■ 従業員数 26名
■ 主な取引先 有限会社久保田農園/有限会社中野農園/株式会社村上農園
■ ホームページ http://www.shimoura.co.jp/
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事