B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建設業・飲食業・整骨院
幅広い人脈で多角的経営

 

どんな工事も可能にする人材とのつながり

 
glay-s1top.jpg
タージン 若い頃から築いてきた幅広い人脈が、事業の根底を支えているわけですね。それでは、田中社長が経営者として独立を決意したきっかけはなんだったんですか?
 
田中 多くの経験を積む中で、知人の紹介で解体工事を手がけることになったのがきっかけです。建設業で得られた人脈を活かして、人員を集めたり管理したりして仕事を成立させました。1つの仕事を仲間たちとともにやり遂げた達成感が、経営者としての自信になりましたね。
 
タージン まさしく田中社長の人徳ですよね! そんな田中社長が手がける総合建設事業において、御社ならではの強みとはなんでしょう?
 
田中 一言で言えば、どんな施工も行えることです。これまで知り合ってきた建設業界の方々の人脈を含めると、およそできない施工はありません。なので、基本的にはどんな依頼も断らないんです。どんな工事でも可能にする人材とのつながりが、弊社の最大の強みですね。その強みを活かし、大規模なアミューズメントホールの施工を手がけました。さらには、大手企業の本社オフィスの改装工事を行う契約もいただきました。
 
タージン どんな対応もしてもらえるのは、依頼する側としては頼りになります。大きな契約を得られたのも、田中社長が幅広い人脈をお持ちだからでしょうね。ぜひ、人脈を広げるための秘訣などもお聞かせいただけますか。
 
田中 一番大事なのは、素直なことだと思いますね。かっこつけてもだめだし、知ったかぶりもだめ。偽ることなく心から素直に接することで、相手からの信頼が得られるんです。
 
タージン それは素晴らしい。素直な気持ちでいることが人間的な魅力につながると。
 
glay-s1top.jpg
田中 実は、そんな私自身の考え方に影響を与えてくださった方がいるんです。以前、私が所属していた会社の社長でして、私が昔から慕っている先輩でもあるんですよ。その方のお名前が、中島と言いまして。N-STYLEの社名の由来は、まさに「ナカシマのスタイル」を標榜する意味で名付けたんですよ。
 
タージン そうだったんですか! 田中社長に多大な影響を与えた、中島社長のスタイルとは、どんなスタイルなんですか?
 
田中 まず、とにかく人を大事にするんです。人とのつながりを大切にし、決してないがしろにしない。だからこそ、とても人望があるんですよ。私はその姿勢から、現在の考え方や経営哲学を学びました。私がさまざまな分野の経営ができるのも、中島社長のおかげだと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事