B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ドローンを活用して建設業界のIT化に挑戦
株式会社東輝リノベーションズ 取締役 岩崎斉

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 株式会社東輝リノベーションズさんは、建設現場でドローンを活用しているそうですね。建設会社のグループ企業として発足したと聞いています。
 
岩崎 はい。弊社は、仮設、解体工事、リニューアル工事を中心に事業を展開する株式会社東輝建設のグループ企業として設立しました。足場仮設から建物の補修までのリニューアル工事を東輝建設と一体となって取り組み、弊社のドローンを用いた建物の点検などで現場のサポートをしています。高画質カメラおよび赤外線カメラを搭載したドローンで、建物の点検や診断をすることが主な業務です。ドローンなら高所にも容易に近づけますし、赤外線カメラで目視できない内部の破損も発見できます。
 
 従来の建設業にドローン技術を取り入れていると。
 
岩崎 ええ。新たな取り組みに積極的に挑戦できる、フットワークの軽さが特長です。建設業界は情報通信技術、いわゆるICTとの融合が遅れています。そこで弊社は、建設業界で先進技術を用いるパイオニアとして尽力しています。例えば、現在のドローンはカメラでの空撮が主な用途。しかし、技術は常に向上しています。弊社では撮影のためだけでなく、将来的に建設現場での作業を行うドローンの実用化を見据え、さまざまな運用のための取り組みをしているんです。
 
 建設現場での作業効率が向上しそうですね。御社にはさまざまな資格を持つ技術者がいるとお聞きしました。
 
glay-s1top.jpg
岩崎 はい。国家資格である1級建築施工管理技士や1級土木施工管理技士、また、一般社団法人ドローン操縦士協会認定のドローン操縦士回転翼3級や一般社団法人日本赤外線劣化診断技術普及協会の赤外線サーモグラファー資格などを取得した技術者をそろえています。建設とドローン操縦、両方の技能があるからこそ我々にしかできないことや気付けることがあるんです。建設業に熟知したドローン操縦士を育成し、多くの現場に送り込み
たいですね。
 
 今後が楽しみですね! ドローン以外にも新たな取り組みをしていらっしゃるとか。
 
岩崎 そうなんです。従来は手書きで作成していた建築図面を、描き直しや清書が必要ない状態で作成できるアプリの開発もしています。弊社は建設業界の持つイメージを従来の3K・・・「きつい、きたない、危険」から、3E・・・「エナジー、エモーション、エンジョイ」へ変えることがコンセプト。今後も建設現場をIT化し、業界のイメージを塗り替えたいです。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私はSF映画が好きで、技術が進歩した未来の世界を見てみたくて、何百年でも生きてみたいと思っています。そんなワクワクするような未来をこれからどう実現していくか。それを考えるのが仕事を楽しむ原動力ですね。
(岩崎斉)
 

:: 企業情報 ::

株式会社東輝リノベーションズ

〒235-0044 東京都墨田区江東橋4-22-7-3F

ホームページ
http://touki-renovations.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事