B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

Webビジネスを通じて顧客の要望を形にする
株式会社ユーネル 代表取締役 髙橋裕也

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宍戸開(俳優)
宍戸 株式会社ユーネルさんの事業内容を教えてください。
 
髙橋 弊社はデザインプロダクションです。具体的には、Webサイトの企画から制作・運営、Webビジネスに関するコンサルティングをメインとし、それらに付随する、映像、ロゴや名刺などのグラフィックのほか、最近ではスマホアプリなどもワンストップで手がけております。
 
宍戸 Webビジネスを幅広く手がけていらっしゃると。アプリはどんなものを制作されるんですか?
 
髙橋 ゲームやECの画面デザインや操作性の監修などを手がけています。案件ごとに協力会社の方々とチームを組んで、作業を分担しているんです。
 
宍戸 スマホが普及している時代ですから、アプリ開発の案件はたくさんあるでしょうね。髙橋社長はどのような経緯で今の仕事に就かれたんですか?
 
髙橋 若い頃、CDジャケットの制作をしたいと思い、デザインの道に進むことに決め、ITコンサルティング会社のデザイン部で働いていました。その後、Webデザインのプロダクションに数年間在籍し、広告や企業のWebサイト制作を経験しています。さらに、飲食店を運営する会社に転職してデザイン事業部をつくり、受注型の案件の他にも、自社の新規店舗の内装やロゴのデザイン、Webサイト構築、メニュー作成などを手がけたんです。そして、今年2018年4月に弊社を設立しました。
 
宍戸 ユーネルという社名には、どのような思いがこめられているのか、気になるところです。
 
髙橋 「優れる」と「企画を練る」合わせたネーミングです。弊社はお客様が真に求めるものを提供するために、お客様に寄り添い、コミュニケーションを密にして共に考えることを大事にしています。
 
宍戸 どんな風に寄り添って考えていくのですか?
 
髙橋 まずは、丁寧にヒアリングを進めます。実はお客様自身、展開しようとする事業のコンセプトが定められていないケースもあるんです。そんなときは、ゼロから一緒に考えていきます。
 
glay-s1top.jpg
宍戸 なるほど。文字どおり、寄り添ってくれるのだということがよくわかりました。今後のご活躍が楽しみだなぁ。
 
髙橋 ありがとうございます。今後は少数精鋭で事業展開できる組織づくりを進めながら、クライアントとその先のユーザーとのコミュニケーションをより深く実現できるよう、仲間たちと共に、頑張っていきます!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
プロジェクトチームでさまざまな意見を出し合い、ゴールに向かって何かをつくり上げていく、その過程を楽しんでいます。デザイン、プログラム、撮影など試行錯誤が多い職業柄、辛いことや喜びをプロジェクトチーム内で共有し、より良い制作物をつくりあげるこの過程が仕事の楽しみの一つだと思います。
(髙橋裕也)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ユーネル

〒165-0025 東京都中野区沼袋3-6-5

ホームページ
http://yunel.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事