B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

熟練の給排水管工事で“水が出る毎日”を実現
有限会社テクノワークス 代表取締役社長 吉岡公一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宍戸開(俳優)
宍戸 東京都北区を拠点に、大型ビルや商業施設などの配管工事を手がける有限会社テクノワークスさん。創業までの歩みを教えていただけますか。
 
吉岡 私は以前、建設会社で施工管理の仕事をしていました。弊社を設立したのは2005年1月17日。2018年現在は私を含めスタッフ6人の少数精鋭で、東京近郊を中心に工事を行っています。
 
宍戸 配管といってもさまざまな種類がありますよね。テクノワークスさんが得意としている分野は何でしょう?
 
吉岡 中心となるのは給排水衛生設備工事の配管工事です。また、空調配管工事も手がけているんですよ。最近の実績としては、池袋の超高層ビル・サンシャイン60のリニューアルで揚水管更新工事を施工しました。現在は渋谷駅南街区プロジェクトの工事に参加しています。実は、東京スカイツリーの水回りの工事にも協力しているんですよ。
 
宍戸 どれも東京を象徴する建築物で誇らしいですね! それだけ有名な建物に関わっているとなると、テクノワークスさんならではの強みが気になるところです。
 
吉岡 弊社の強みは、スタッフの技術力が高いことですね。機転が利き、目の前の仕事をするには何が必要だと瞬時に判断できる職人がそろっています。弊社のスタッフは、東京でも10本の指に入るほど優秀だと私は自負しているんですよ。
 
宍戸 熟練の職人さんたちが仕事に誇りを持ち、真剣に取り組んでいる姿が目に浮かぶようですよ。では吉岡社長が、配管の仕事で最も心がけていることも教えてください。
 
glay-s1top.jpg
吉岡 それは、なんといっても“水が出る毎日”を当たり前にすることですね。
 
宍戸 なるほど。人間の血管と同じでビルの配管は目に見えないもの。私たちは水が出ることを当たり前だと思っていますが、配管工事はその当たり前を実現し、維持するためになくてはならないお仕事ですね! 吉岡社長のような方々のおかげで、私たちは当たり前の毎日を送れるわけだ。今後についてはいかがです?
 
吉岡 弊社のスタッフの持っている技術をより多くの若い世代に伝承させ、真の配管工集団をつくっていきたいと思います。そして、会社を大きくする仕事は後進のスタッフに委ね、私はそのために必要なことを積極的にアシストしていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分たちの手がけたものが、目に見えて残ることが大きなやりがいとなっています。その建物を見ると、思い出が蘇るんですよ。
(吉岡公一)
 

:: 企業情報 ::

有限会社テクノワークス

〒114-0002 東京都北区王子1-21-10 柳屋ビル602

ホームページ
http://www.technoworks.info

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事