B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人生設計の羅針盤として経験を基にプランを提供
オフィスソフィア株式会社 共同代表 佐藤美苗

 
プロフィール 慶応大学法学部卒業後、大手電機メーカーに就職し、社長秘書を務めるも結婚を機に退職。やがて3児の母となり、子育てをしながら働くために学習塾を立ち上げ、指導から経営までを担う。子育てが一段落した後はFPの資格を取得し、大手金融会社に社員として勤務。その後もライフプランやカウンセリングなど多様な養成講座で実務を学び、夫と共にオフィスソフィア(株)を設立した。現在も各種講習を受講して研鑽に努めている。【ホームページ
 
 
 
「ライフプラン」を立てたことがあるだろうか。オフィスソフィア株式会社の佐藤美苗共同代表は、主婦として3人の子を育て上げた経験から、また、自身が高校生のときに父を亡くした経験から、顧客に対し親身になって適切な人生設計をアドバイスしてくれる。生命・医療・損害保険などの商品はもちろん、税金、相続、不動産のことまでファイナンシャルプランナーとして幅広い知識を蓄えているから頼りになると評判だ。
 
 
 

将来のことをどこまで考えているか

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 佐藤代表は、ライフプランナーとしてご活躍されているそうですね。私はこれまで波瀾万丈な人生を送ってきまして(笑)。若い頃にきちんとした人生設計を立てていれば、違った生き方になったのかなと思うことがあります。
 
佐藤 私も同じですよ。若い頃にはライフプランやファイナンシャルプランニングという言葉が一般的ではありませんでしたし、将来、教育費がいくらかかるかとか、考えたこともありませんでした。実際に3人の子どもに恵まれ、教育費の負担が増えるようになって、「もっと貯めていればよかった」と思うようになりました。
 
杉田 子どもが大学を卒業するまでに、生活費と教育費を合わせて3000万円くらいかかると聞いたことがあります。
 
佐藤 そうですね。家族が生活をしていく中では、さまざまな出費があります。中でも教育費は突出していますね。以前、お子様が1人おられるご夫婦が相談に来られ、「あと2人欲しい」とおっしゃるのを聞いて、「そのための準備をしておられますか」と問いかけたことがあります。
 
杉田 3人だと約1億円の養育費。産まれてから「やっぱり無理!」と投げ出すわけにはいきませんから、ちゃんと考えないといけませんね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事