B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

電気工事を中心とした
幅広い建設業務に対応

 

何かをする前からあきらめない

 
glay-s1top.jpg
畑山 日総建設さんが株式会社として法人化したのが2017年。法人化からまだ間もない中で、大手企業と契約できたのはすごいですね。
 
藤川 ありがとうございます。確かに、昔から大手企業さんとの取り引きがあるわけではなく、なおかつ法人化した直後の会社が大きな契約を成立させるのは、一般的に考えると難しいかもしれません。しかし、私は何かをする前からあきらめたくないので、まず行動することを大切にしています。同業者からは無謀だと言われましたし、契約が成立したときには「どうやったのか」と驚かれました。でも、それは実際に行動するかしないかの違いなんですよ。私は常に挑戦する姿勢でいるからこそ、良い結果に結びついたのだと思います。
 
畑山 それは素晴らしい! 藤川社長のチャレンジ精神にはとても共感できます。昔から何にでも挑戦するタイプだったんですか?
 
藤川 いえ、自分も以前は行動する前から「どうせ無理だ」と思っていました。しかし、その考え方を変えようと行動したら、次第に良い結果が出たんです。考え方を変えるに至ったのは、結婚して子どもが生まれたことが大きな理由ですね。
 
畑山 家族という守るべきものができて、経営者としても成長を遂げたわけですね。藤川社長のこれまでの経験もぜひお聞きしたいです。
 
glay-s1top.jpg
藤川 私は10代の頃から独立志向が強く、20代前半で起業してリサイクルショップを経営したこともありました。しかし、自分により適した業種を見極めるべく、建設業界に身を転じ、解体業などさまざまな業種を経験しました。その中で、電気工事に魅力を感じ、個人事業主として独立したんです。
 
畑山 あらゆる業種を経験した中で、ご自身に最も適していたのが電気工事だったと。その適性を活かして独立を決めたわけですね。
 
藤川 はい。特に独立に際しては、建設業で出会った恩師からの影響が大きかったですね。見積もりの仕方から施工技術まで、すべて教えていただきました。今の自分があるのは、恩師や当時からお世話になっている方々、支えてくれる家族やスタッフたちのおかげですね。現在も常に感謝の気持ちを持ち続けています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事