B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

電気工事を中心とした幅広い建設業務に対応
株式会社日総建設 代表取締役 藤川雄喜

 
プロフィール 大阪府出身。10代の頃から独立志向が強く、20代前半でリサイクルショップを起業。その後、より自身に適した業種を見極めるべく建設業界に飛び込み、さまざまな業種を経験しながら建設工事の技術を学んだ。中でも、電気工事業に強い魅力を感じ、2014年に個人事業主として独立。経営者としての経験を積み、2017年に(株)日総建設として事業を法人化した。【ホームページ
 
 
 
大阪府八尾市を拠点に、電気工事を中心とした総合的な建設・建築業を手がけている株式会社日総建設。2017年に法人化して間もないながら大手企業との契約を成立させ、今まさに飛躍を遂げようとしている。それは、代表取締役である藤川雄喜氏のチャレンジ精神が生んだ賜物であると言えるだろう。さらなる目標に向かって邁進する藤川社長が抱く仕事への思い、そして、今後の展望について詳しく話をうかがった。
 
 
 

電気工事を中心に建設業務を幅広く請け負う

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山大阪府八尾市に拠点を構える日総建設の藤川社長にお話をうかがいます。御社では、電気工事を中心とした総合的な建設業を手がけているそうですね。
 
藤川 はい。協力会社と共に、オフィスや店舗などの建設業務を幅広く請け負っています。
 
畑山 事業の中心としている電気工事とは、実際にはどのような業務なんですか?
 
藤川 一口に電気工事と言っても、業務範囲はとても広いんです。電線や配電盤などの設備工事はもちろん、照明器具や通信機材の設置なども含みます。身近なもので言えば、エアコンの取り付けやLED照明の取り替え作業もそうですね。
 
畑山 確かに電気設備や製品はさまざまな種類がありますからね。日総建設さんではそれらすべてを手がけていると。
 
藤川 ええ。電気工事を手がける業者の中には、リフォーム時の配線工事や家電製品の設置など、一部だけしか対応できない業者も少なくありません。しかし、弊社では低圧電気工事の規模や内容を問わず、何にでも対応できることが強みです。そのため、大手電気工事会社さんや大手家電量販店さんからも信用を得て契約をいただき、1次請負店としての業務も行っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事