B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

固定観念から脱却し
ニーズに応える呉服店

 

レンタル業として多岐に渡る事業展開

 
glay-s1top.jpg
タージン 質の良いサービスを提供し続けるとなると、人材も重要ですよね。どういう方を採用していきたいとお考えでしょう?
 
田中 今求めているのは、おもしろくて前向きな方ですね。おもしろさと前向きさの2つを持っている方に、ぜひ入社してもらいたいと思っています。
 
タージン なるほど。田中常務のお話を聞けば聞くほど、好奇心旺盛な方だと感じます。それに熱い情熱をお持ちでもいらっしゃる。今後、どのような事業展開をなさるのか、とても楽しみです。
 
田中 今後について考えていることの1つは、事業の位置づけの刷新ですね。私たちの仕事は、ただの呉服店ではなく“アニバーサリー産業”だと思っているんです。この位置づけなら、七五三や成人式、結婚式もありますし、結婚記念日なども当てはまる。そういった部分を、衣装を含めてさまざまな角度からプロデュースしていければ、より多くのお客様に喜んでもらえるのではと思います。
 
タージン アニバーサリーの演出すべてを網羅できる位置づけにしていくとは、ユニークな発想です。
 
glay-s1top.jpg
田中 そして、2つ目はレンタル業としての考え方です。これまでに培ってきたノウハウを活かせば、着物やドレスだけにとらわれず、需要のあるものをレンタルできるのではと思っています。
 
タージン それもおもしろい! 呉服販売業から、衣装レンタル業になり、そこからさらに、着物に限らずレンタルを展開していきたいと。そうなったら、これまで以上に周りとの連携が大切になってくるでしょう。
 
田中 はい。現在は大学生協さんや学校さんのご協力のもと、袴レンタルなど学生さんにご利用いただけるサービスを展開できているので、とても感謝しています。
 
タージン 田中常務は非常に発想が柔軟で素晴らしい方です。老舗というと、伝統を守らなければいけない使命感や固定観念などもあるでしょう。看板を傷つけないようにしながら、先を見据えて着物を広げていこうと考え、行動に移されている。会社全体にもその柔軟さが表れているように感じます。それに、お客様の声を大事にしていらして、お店に対して親しみが持てますね。これからもぜひ頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
好きなことや得意なことを見つけて、よく働くことです。
(田中威之)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社京繊/京都さがの館
■ 本社 〒604-8154 京都府京都市中京区室町通四条上ル菊水鉾町582
■ 事業内容 卒業袴レンタル/振袖レンタル・販売/観光用着物レンタル/浴衣販売等
■ 創業 明治33年
■ 従業員数 100名
■ ホームページ http://www.saganokan.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事