B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

固定観念から脱却し
ニーズに応える呉服店

 

お客様の声に応え、期待以上を提供

 
glay-s1top.jpg
タージン 京都さがの館さんは、大学卒業生の袴レンタルで、関西圏1位を7年連続で獲得されているとうかがいました。もはや、袴といえばさがの館というイメージですね。親からしてもこれだけ実績があれば信頼してお任せできますよ。
 
田中 ありがとうございます! 人に紹介してもらえるくらいの信用を勝ち取りたいです。袴レンタルの他、観光着物レンタル「京あるき」も人気なんですよ。
 
タージン 確かに、京都を散策すると着物姿の方がたくさんいらっしゃいますよね! 田中常務の目の付け所はすごい!
 
田中 京あるきの事業自体は、実は、私が入社する前からあったんですよ。ただお客様からの要望があれば行っているというレベルでしたので、全面展開させました。着物で京都を歩きたいというお客様に適した価格設定を行い、京都観光が特に盛り上がり始めた2015年頃から、広くプロモーションをするようになったのです。
 
タージン 田中常務が、サービスとしてプロモーションをし、今に至るわけなのですね。田中常務主導で始められたサービスは、他にもあるのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
田中 2014年から、ウェディング&パーティドレスレンタル事業も始めましたね。成人式などで20代の方が着物を借りてくださる中で、「他の衣装も当然取り扱っている」と認識してくださることも多く、「ドレスも取り扱っていますよね?」という問い合わせをたくさんいただいたんです。
 
タージン お客さんからの声に耳を傾け、応えてくださる姿勢が素晴らしいです。それにしても、呉服店でドレスが借りられるとはすごいなあ。
 
田中 基本的にお客様からの声には応えていこうと思っています。それに、成人式でレンタルを利用された20歳の方も、数年後には結婚されるかもしれない。そう考えると、以前利用いただいたお客様に、別の形でサービスを提供できるのではと思ったのも大きいですね。おかげさまで、今ではそれなりに多くの方に知っていただけるようになりました。パーティドレスに関しては、大学の卒業式の後にある謝恩会などに向けてもレンタルを展開できればと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事