B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

どんな依頼も断らない
なにくそ根性の鳶職人

 

義理人情を忘れず信頼できる職人たちと共に

 
glay-s1top.jpg
狩野 全国を飛び回り、さらなるご活躍が楽しみな髙藤組さん。今後のことを考えると、一緒に頑張ってくれる職人さんを育てることにも力を入れないといけませんね。髙藤代表代理が従業員と接するうえで心がけていることは何でしょう。
 
髙藤 私は父から「自分で何でもできると思うな。支えてくれている職人がいるから食べていけると思え。義理人情だけは決して忘れるな」と教え込まれました。なので、従業員には細かいことは言いません。あまり叱ってばかりいると、言いたいことも言えなくなりますからね。できるだけ何でも言えるような雰囲気づくりを心がけています。オンとオフのメリハリをきちんとつけてくれれば、多少私への言葉遣いが悪くてもOKです(笑)。
 
狩野 つまり、仕事に真剣に取り組み、お客様に迷惑をかけなければ、その他のことには個性を尊重すると。従業員のお二人もそれができているんですね。
 
髙藤 ええ、どこに連れて行っても恥ずかしくない自慢の職人たちですよ。
 
狩野 強い信頼関係を感じますね。これから鳶を始めたいと考えている人に、「髙藤組に入ればこんなメリットがあるよ」というものがあればお願いします。
 
glay-s1top.jpg
髙藤 全国各地に行けることですね。各土地のおいしいものが食べられるし、ご当地の地酒も堪能できますよ(笑)。
 
狩野 プロ野球の遠征を思い出します(笑)。どのような方に来てもらいたいですか?
 
髙藤 やはり、やる気となにくそ根性がある人ですね。
 
狩野 野球でも、指示を待っているだけの人は伸びません。でも自分から貪欲に学ぼうとする人はどんどん力がついていきますし、変わっていきますね。鳶職は現場の花形ですから、もっとその大切さや素晴らしさを若い人にも知ってもらえれば、自分もやってみたいという人が増えると思いますよ。
 
髙藤 そうなってほしいですね。私の夢は「滋賀県の鳶と言えば髙藤組」と言われること。日々の勉強を怠らず、難しいことにもチャレンジし、その過程を楽しみながら、自分自身も会社も成長していきたいですね。
 
狩野 今回、初めて鳶職の方のお話をじっくりうかがい、今まで知らなかったことがたくさんわかりました。古くからのいいところをしっかり残しつつ、常に新しいものを取り入れるという柔軟な発想が困難な現場を達成していく礎になっているんですね。髙藤組さんは人間力も高めてくれる学びの場だと思います。これからもなにくそ根性で新しい挑戦を続けていってください。応援しています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
日々勉強です。達成できなかったことや解決できなかったことが、日々の努力の積み重ねでできるようになると、楽しいですね。
(髙藤鉄平)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 髙藤組
■ 所在地 〒522-0231 滋賀県彦根市極楽寺町405-1
■ 事業内容 社寺架設工事/足場工事/杭打工事/鳶職/曳家工事/素屋根工事
■ 設立 昭和63年4月
■ 従業員数 2名
■ 主な取引先 株式会社西澤工務店/株式会社内田組/株式会社中村社寺/株式会社桑原工務店/株式会社松村工務店
■ ホームページ http://www.takafujigumi.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事