B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

惜しみないサービスでマンションは常に満室
有限会社アーク・ケイ 代表取締役 河原哲郎

 
プロフィール 神奈川県横浜市出身。建築に興味を持っていたことから、学業修了後は建設関係の会社に就職した。土木部で経験を積む中、40歳のときに社内ベンチャーを起こし、マンションの建築と販売をスタート。父親が所有していた土地も相続し、50歳のときには自身が経営する賃貸マンションを建てた。入居者が快適に暮らすために惜しみないサービスを提供するだけでなく、入居の際には7万円相当の健康アイテムをプレゼントしている。【ホームページ
 
 
 
入居時や更新時に7万円相当の健康アイテムをプレゼント。そんなユニークなサービスが好評で満室を維持するマンションがある。経営するのは神奈川県横浜市の有限会社アーク・ケイだ。代表取締役の河原哲郎氏は、入居者に幸せになってもらうことに喜びを感じ、プレゼント以外にもさまざまな取り組みを続けている。不動産経営で躍進する河原社長に、成功の秘密や入居者を思う情熱の源泉をじっくりとお聞きした。
 
 
 

上永谷駅近くで3棟の賃貸マンションを経営

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 神奈川県横浜市港南区で、賃貸マンションを経営するアーク・ケイさん。今日は河原社長のご自宅にお邪魔しています。高台で見晴らしの良い場所ですね! とても気持ちがいいですよ。
 
河原 ありがとうございます。現在、弊社のマンションがあるのは、父の代から所有していた土地なんですよ。私はもともと建築に興味を持っていたこともあり、長く建設関係の会社に勤務していました。土木部に所属し経験を積んだ後、40歳のとき、先輩と複数の後輩と共に社内ベンチャーを起こしまして。マンションの建築と販売を始めたんです。
 
名高 その社内ベンチャーが、河原社長の経営の第一歩目だったのですね。業績はいかがでしたか?
 
河原 おかげさまで大きな利益を上げることができました。でも、本音を言うといずれは自分の土地にマンションを建て、不動産の仕事をしようと考えていたので、私にとって起業は不動産のノウハウを学ぶためでもあったんです。実際に土地を相続し、最初のマンションを建てたのは1992年のことでした。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事