B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

携帯売り場を丸ごと運営顧客の心を掴む人材育成
株式会社トータルヒューマンプロデュース 代表取締役社長 宮本明幸

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 家電量販店や携帯ショップを対象に、人材業務請負業を手がける株式会社トータルヒューマンプロデュースさん。スタッフの派遣にとどまらずイベントの企画など、売り場の運営を丸ごとお任せできるのが最大の特長とお聞きしました。通信業界は新製品や新プランが続々と登場するなど流れが早いから、働き手は勉強することが山のようにあるでしょうね。
 
宮本 おっしゃるとおり、お取引先の販売各社はスタッフの育成に苦労されているのが現状で、労働力そのものの確保にも苦心しています。それをサポートする弊社は、一から育てた優秀な販売員を派遣して売り場の運営を一括で請け負いますので、お客様の現場での課題を解決できるんです。お声がけいただいた案件は絶対にお断りしないフットワークの軽さも自慢なので、全国規模で業務をお引き受けできます。
 
八木 それは頼もしいですね。どのような方針で人材の育成に取り組んでいるのか、ぜひお聞かせください。
 
宮本 私自ら現場に入って新人の接客をサポートし、少しずつ成功体験を積ませて独り立ちさせています。販売員は豊富な知識を学ぶことも大切ですし、プロとしての立ち居振る舞いを身に付けることも重要です。
 
八木 御社のスタッフは、さまざまな現場で経験を積み、自ら成長を感じ取ることができるわけですか。これは大きなやりがいになるでしょうね。宮本社長が起業するまでの歩みも教えていただけますか。
 
glay-s1top.jpg
宮本 もともと私は理容業界で働いていました。しかし、2年ほどで体調を崩してしまい、ラーメン店に転職したんです。その後、自分の店を持つという夢があったので、店長として雇われて、立ち飲みの居酒屋をオープンし、さらに別の居酒屋も開業しました。ところが、ある人から「もっと大きな居酒屋をオープンしよう」と誘われて、結果として騙されてしまい、ゼロからの再スタートを余儀なくされてしまったんですよ。
 
八木 それは大変でしたね。そのときに出合ったのが、通信業界の販売職だったのでしょうか。