B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

経験豊富な税理士が企業の経理業務を支援
株式会社日本シェアードサービスセンター 代表取締役 田中裕明

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 中小企業の経理・会計業務をサポートする株式会社日本シェアードサービスセンターさん。税理士でありながら株式会社を興した田中社長の、ご経歴をお聞かせください。
 
田中 私は、高校時代ラグビーに打ち込んでいました。このときに流した汗と、チームが団結することの大切さを学んだ経験が、私の原点と言えますね。大学卒業後、2002年から公認会計士事務所に勤務しました。税務や経営相談などを経験しながら、2004年に税理士として登録を受けています。その後、2007年に神戸市内の大手アパレル会社へ転職。会計士事務所で5年、貿易会社で10年働いた経験を生かし、2017年12月に弊社を起業しました。
 
八木 その異色のご経歴で培った経験が強みになっていそうですね。それにしても、税理士事務所ではなく株式会社を立ち上げたのはどうしてですか。
 
田中 税理士事務所では、法人様の顧問になっても、企業の業績を上げたり経営者の悩みを理解したりするには限界があるからです。本当に経営者の力になるには、税理士事務所には手が届かない、現場の業務をお手伝いする必要があるんですよ。ですから弊社は「経理をもっと快適に」をコンセプトに、経理部門に人を雇うことが難しい企業や、人手不足に悩む会社の経理・会計業務を支援しています。コストを下げ本業に集中できるよう、効率的な企業経営のサポートをいたします。
 
八木 その中で、最もこだわっている点を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
田中 何事に対しても、「とにかくクイックレスポンス」する、「お客様の利益に貢献する、こだわる」「まずやってみる」がモットーです。私はITにも強いので、例えばWebの会議システムを活用し、遠方のお客様にも距離を感じさせないサービスをお届けできます。このテレワークは、クライアント企業やスタッフにも喜ばれているんですよ。結婚や親の介護などで優秀な社員が遠方に引っ越しても、それを理由に退社する必要がなくなるケースもあるからです。
 
八木 なるほど。お客さんの利益のために、フットワークを軽くして新たな挑戦を続けているんですね。今後も中小企業の経営を力強く支援していただきたいと思います。
 
田中 はい。経理業務のアウトソーシング、ITを駆使した便利なツールの活用などをサポートすることで、企業が安定的に成長できる環境づくりをお手伝いしていきたいです。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
みんなで何かを成し遂げたときに、大きな喜びを感じます。ラグビーをやっていた頃のように、ほとばしるような感激をクライアント様と共有できたら最高ですね。
(田中裕明)
 

:: 企業情報 ::

株式会社日本シェアードサービスセンター

〒657-0846 兵庫県神戸市灘区岩屋北町7-2-25-2F

ホームページ
http://business-administration-service-115.business.site/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事