B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

独自の技術と挑戦が生む
唯一のデザインチョコ

 

こだわりに100%応えるオーダーメイド事業

 
glay-s1top.jpg
水野 かなりの急展開でしたね。その波にしっかりと乗って、起業につなげたことが素晴らしいと思います。しかも今の御社は、その頃以上に勢いのある会社だと聞いています。そのあたりのお話をぜひうかがいたいです!
 
 弊社の主な事業は、創業当時から続けている輸入事業です。韓国は中国や日本に比べて国内市場が小さいため、輸出産業が盛んなんです。ですから、メイド・イン・コリアの良さを日本の方々にも知っていただきたいという思いで手がけています。次は輸出事業です。創業時は手が回らなかったのですが、2015年から日本のお菓子や雑貨を韓国の大手コンビニエンスストアやスーパーマーケットに輸出しているんですよ。
 
水野 日韓の懸け橋として精力的に活動なさっているのですね。仕入れた商品を販売する直営店は運営しないのですか?
 
 直営店もありますよ。ただしそれは、オーダーメイド商品の店舗なんです。インターネットを介して、さまざまな選択肢や情報を持てる現代は、自分だけのこだわりの一品が特別な価値を持ちます。そこで弊社の店舗では、スマホケースや缶バッジ、フォトケース、エコバッグなどのグッズに、お客様が希望する写真やデザインを、その場でプリントするサービスを展開しているんですよ。
 
水野 自分好みのデザインでさまざまなグッズを制作してくれるなんて、素敵ですね。でも、どうして直営店で行うのでしょう? インターネットなら、全国からお客様を呼び込めると思います。
 
glay-s1top.jpg
 それでは準オーダーメイドだからです。オーダーメイドであるからには、お客様のこだわりを100%叶えないといけません。そのためには、対面でお客様と接し、ご要望を十分に汲み取ることが肝心です。お客様も、「この色はもう少し明るめに」など、細かい注文をつけやすいじゃないですか。こうしたお客様のニーズに向き合えるコミュニケーションの場が弊社の店舗です。
 
水野 いや、そもそも、そんなに細かい注文にも対応してくれるのが驚きですよ!
 
 オーダーメイドで発注されるほどのお客様は、それだけのこだわりを持っていらっしゃいますからね。大量発注のお客様でも、缶バッジ1個のお客様でも、そのこだわりに大小はありません。「弊社の都合でお客様の注文に優劣をつけないこと」。これは、弊社が新たに注力しているサービスの、デザインチョコレート事業でも共通するモットーです。