B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 一般住宅から福祉・医療関係施設まで、幅広く設計・施工を手がける、一級建築士事務所のsolna(ソルナ)建築設計事務所さん。盛重代表は小さい頃から建築士を目指しておられたのですか?
 
盛重 幼年期の夢は大工でしたね。ただ高校卒業後は製紙業界の会社に就職し、ダンボールの製造業に従事していたんです。
 
矢部 え〜! 建築にはまったく関係のない業界ですね(笑)。
 
盛重 はい(笑)。当時は、正直何も考えず就職しました。ですから2年で退社し、ものづくりが好きだったので外壁のサイディング職人へ転身したんです。そのときに現場で建築に触れ、改めて“設計”に魅了されました。そして先の人生を考え、2年半後には、日中に設計事務所でアルバイトをしながら夜間の専門学校建築学科へ通う、新生活をスタートさせたのです。22歳のときでした。年齢的な焦りも抱える中、設計事務所の仕事に対してまったく知識がなかったので、苦労しましたね。
 
矢部 一級建築士としては異色のご経歴で驚きました! アルバイトと専門学校を見事に両立なさったのは、強い目的意識があったからこそですね。素晴らしいです。では、卒業後は設計事務所にお勤めに?
 
glay-s1top.jpg
盛重 いいえ、当時は募集が少なく年齢の問題もあって、工務店で設計や現場監督の仕事を始めました。その時期があったからこそ、設計への思いがさらに熱くなったように思います。後々、設計事務所へ転職を果たしました。
 
矢部 お話をお聞きするほど、設計への一途な情熱が伝わってきます。貫くお気持ちにブレがないから、夢を実現できたのですね。盛重代表をそこまで熱くする、設計の魅力って何なのでしょう。
 
盛重 やはり自分の構想が形になっていく喜びだと思います。お客様のご要望や期待に添いながら、それ以上のご提案をできるよう常に心がけていますね。それに、私はもともと新しい発見が好きですし、設計は知的好奇心を満足させてくれる要素が多いんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事