B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 EMERGENCE-JAPAN(エマージェンス・ジャパン)さんは、人材育成に関するユニークな社員研修を提供しているそうですね。
 
浜田 はい。他社にはない研修を実施します。現場で実践できる効果的な内容であるうえ、研修を通じて「我々はなぜ働くのか」のような仕事に対する信念や価値観を明確にしてもらえるよう意識しています。
 
八木 仕事に対する信念や価値観とは、どういうことでしょうか。
 
浜田 私は前職でも人材育成に携わっていました。そのときに、研修の効果が持続しないケースが多いのはなぜなのか、気になっていたんです。それは、受講する方々が働くことの意味について明確な思いがないこと。仕事はつらいもの――というような価値観を持っていて、その価値観が、研修の効果を薄めていることに気付いたんです。
 
八木 働く意味を明確にできていないことが成長の妨げになると。
 
浜田 そうです。きちんとした仕事観が芽生えるような研修であってこそ、学びが生きると思います。
 
八木 具体的にどのような研修を実施していらっしゃるのか、興味がわいてきました。
 
浜田 例えば、講師に現役ファッションモデルを招く研修があります。
 
八木 ファッションモデルの方が講師とは、どんな職業の方が研修を受けるのか気になりますね。
 
浜田 実は職種は関係なくて、ウォーキングを通してチームワークや対応力、マインドブロックの解除などを学ぶ奥の深い研修なんです。こうした切り口で、まずは研修に楽しさを感じていただくことが大事だと思います。その他にも話題の心理カウンセラーが講師を務める研修や、問題解決能力を養う研修、仮説思考を磨くために科学実験を行う研修もあります。また、人の目の動きを見て心理を読み解く“メンタリズム営業”の研修も準備中です。
 
八木 独自性が高くておもしろそうな研修ばかりですね。
 
glay-s1top.jpg
浜田 ありがとうございます。研修は助成金を活用して、費用を大幅に削減することが可能ですので、企業様の負担も予想以上に抑えられることがメリットですね。
 
八木 楽しくて効果の高い研修が低額で受けられるなんて、素晴らしい!
 
浜田 ありがとうございます。今後は研修という枠にこだわらず企業で働く個人が、仕事や人生にコミットできるサービスを開発したいですね。
 
八木 ご活躍、期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人間的な成長を目的に働く。これに尽きますね。嫌な仕事、つらい仕事もその仕事が自分にどんな成長を求めているのかを深く考えるとき、楽しさやおもしろさに変わります。そのためには「なぜ働くのか」という深い問いに向き合う必要があります。
(浜田陽介)
 

:: 企業情報 ::

EMERGENCE-JAPAN合同会社

〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-28 リーストラクチャー西心斎橋ビル309

ホームページ
https://emergence-japan.com