B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

柔軟かつ迅速な対応で
新改築を幅広く手がける

 

暮らしを助ける万全のアフターフォロー

 
タージン 施主さんとのやりとりでは、どんなことを大事にされていますか?
 
glay-s1top.jpg
武村(隆) コミュニケーションですね。ご依頼をお受けした際、まず施主様のもとを訪問し、どんなものをお求めなのかをじっくりとうかがいます。設計図をつくるのは、施主様のニーズを把握してからですね。
 
タージン 設計図の設計図からつくり始めるわけですね。
 
武村(隆) そこがコンプリートできていないと、現場の職人さんにも明確な指示を出せませんからね。明確な指示が出せないと、現場でのトラブルにつながることもあります。
 
タージン 施主さんの要望の種をしっかりと拾っておくことが、後の火種を除くことにもなるのか。それでは、完成後のフォローはどうされているのでしょう?
 
武村(茉) もちろん、完成後もアフターフォローいたします。京都という土地柄、古い住宅のリノベーションやリフォームも多く手がけますからね。ちなみに、町家を民泊施設やカフェにリノベーションしたこともありますよ。
 
glay-s1top.jpg
タージン 年季の入った建物が多くの人に利用されるのだから、アフターフォローも大変じゃないですか? 民泊施設なんて、あっという間にガタが来てもおかしくないでしょう。
 
武村(隆) いえいえ、きちんと工事させていただいていますから安心してください(笑)。だいたい目安として、2年間はサービス価格でフォローいたしますよ。私1人で対応できるものなら、もっとお安くできますしね。
 
タージン なんだか近所の大工さんって感じがしますね。町の便利屋さんと言いますか・・・。
 
武村(隆) そうですね。この前も「ガス給湯器の調子がおかしいんだけど」と連絡をいただきました。「家のことは武村に」とお客様に思っていただけるのはありがたいことです。頼りにされたら応えたいと思っていますよ。
 
タージン 武村工務店さんはガス会社じゃないのに(笑)。自分の守備範囲じゃないからと断らないのが、武村社長らしいですよ。そこは古き良き職人気質だな!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事