B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

段ボール工場に特化した
国内一の排水処理技術

 

会社一丸となって25周年の先を目指す

 
glay-s1top.jpg
八木 現在は新たな人材の登用にも力を入れられているそうですね。
 
礒部 ええ! 2016年に中途採用した社員を昨年、総務部長に抜擢しました。また、36歳の社員を取締役として会社の経営を一緒に考えるチームのメンバーに迎え入れました。先日まで人材の募集も行っており、4月から2名の新しい仲間が加わる予定です。
 
八木 年齢や勤続年数に関係なく、自分の実力にあった役職を与えてもらえるのですね。これもまた、礒部社長のおっしゃる、働きやすい環境づくりの一環なのでしょう。採用は新たな事業展開を見据えてのことですか?
 
礒部 自社製品のアフターサービスを拡充しようと考えているんです。五右衛門も児雷也も、シンプルな設計のシステムですし頑丈なので、故障は少ない製品です。ただ、これまで納入させていただいた段ボール工場は全国で300以上。これだけの数なら、アフターフォローの体制を整えておくべきだと考えたのです。また、充実の事後対応というポイントも、弊社の新たな強みにしたいんです。
 
八木 これまでの実績にあぐらをかかず、常に高みを目指す姿勢は素晴らしいですね。アフターフォローとなると、工学の知識は必須ですか?
 
glay-s1top.jpg
礒部 純粋に機械いじりが好き、興味があるレベルで構いませんよ。むしろ、人柄ややる気が大切ですから。
 
八木 扱うものは機械でも、大事なのは心であると。その思いは、礒部社長からも伝わってきますね。気さくで、常に周囲を明るくしてくれる人柄だから、社員の方々も心のこもった仕事ができるんでしょう。代表取締役社長に就任された際、自分ではなく社員を活かそうという方針を選ばれた、その選択は正しかったと思います。25周年という節目を越えて、30周年、50周年と、まだまだ先を目指せる企業だと感じますね。
 
礒部 ありがとうございます。今後は東南アジアなど、環境問題への対策がこれから始まる地域を軸に、海外展開も考えています。これからも社員一丸となって、よりいっそう成長していきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
個人的な小さな目標を持つことが楽しみにつながります。どんなに小さな仕事でも、一つひとつがチャレンジ。攻略するためにいろいろと試行錯誤を繰り返して達成できると、とても幸せな気持ちになるんです。わざとそうしている訳ではありませんが、私が仕事を楽しめている理由の1つだと思いますね。
(礒部薫)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 ディンク株式会社
■ 本社 〒581-0039 大阪府八尾市太田新町6-98
■ 事業内容 段ボール製造工場向け排水処理設備の設計・施工・メンテナンス/段ボール用水性インキ製造・販売/排水処理用薬品製造・販売
■ 設立 平成5年11月
■ 従業員数 12名
■ 主な取引先 三菱重工機械システム株式会社/サカタインクス株式会社/株式会社梅谷製作所
■ ホームページ http://www.dink.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事