B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

楽しさ重視のイベントで
婚活のイメージを覆す

 

琵琶湖での船上パーティーに120名が参加

 
glay-s1top.jpg
タージン 起業されてから、大きなイベントで大成功を収めたと聞いています。ぜひ、そのお話を詳しくうかがいたいです。
 
西村 2017年12月9日に、琵琶湖での船上パーティー「BIWAKO LOVE CRUISING PARTY 2017 1st.」を開催しました。主催したのは婚活事業部のamour☆party(アムールパーティー)で、120名もの方が参加してくれました。
 
タージン 120名とはすごい規模です! そもそもなぜ船上パーティーを開こうと?
 
西村 婚活パーティーの既成概念を払拭するイベントにしたかったんです。そのうえで、滋賀県ならではのことと考えると、「やっぱり琵琶湖でしょ」となり、じゃあ船を貸し切ってパーティーをしようとなりました。
 
タージン 大胆な発想だ! しかも、そのアイデアを実行することがすごい!
 
西村 企画段階では、まだまだ面白味が不足していました。それで、どうせなら滋賀県内の店舗さんや企業さんも参加してもらう他、ゲストを招いてトークショーなども行うお祭りにしようと考えたんです。それで、船内に出店したり、企業紹介をしたりするコーナーをつくりました。食事をしながら話をするだけじゃなく、参加された皆さんが気に入った方と、その場でデートも楽しめるんじゃないかと考えたからです。規模は大きくなりましたが、おかげさまで大手の保険会社さんや不動産会社さんにも協賛していただき、無事に成功を収めることができました。
 
タージン お話を聞くだけでもワクワクしてきますね。参加された方の喜びも大きかったのではないですか?
 
西村 そうですね。ゲストで来ていただいた芸能人のmisonoさんには、2017年に結婚されたご主人とのなれそめのお話をしていただき、とても好評でした。「結婚っていいものなんですね」と、感想を述べられた参加者の方もいらっしゃったくらいです。他の業界からの反響も大きく、2018年1月には弊社のイベントと映画作品との、コラボレーション企画も実現しました。大人の婚活をテーマにした映画『こいのわ 婚活クルージング』を鑑賞し、上映後にアフターパーティーを開催。婚活について語るトークショーを行ったんです。その際には、制作プロデューサーの益田祐美子氏にと一緒に、私も登壇しました。
 
glay-s1top.jpg
娯楽性を高めて人気を博したクルージングパーティ
タージン 既存の婚活パーティーの枠組みを超えた、一大イベントという感じですね。御社の企画力があれば、まだまだ地域に活気を与えられそうだと思いました。
 
西村 はい。2018年7月28日には「BIWAKO LOVE CRUISING PARTY 2018 2nd.」の開催が決まっています。前回よりさらにエンターテイメント性の濃い内容にして、皆様に楽しんでいただけるものにしたいと思っておりますので、期待してください!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事