B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

女性ならではの気配りで 
お部屋探しをサポート

 

楽をすると仕事が楽しくなくなってしまう

 
glay-s1top.jpg
山口 その後、名前が広まった私に他社からスカウトの声がかかりました。子どもたちのためにも条件のいい会社で働きたい、けれども一からお世話になった会社を裏切るわけにいかないと悩む私に、当時の店長が「山口さんの今後が良くなるなら、僕たちは応援するよ」と言ってくださったんです。
 
杉田 その言葉は励みになったことでしょう。新しい会社でのご活躍も、お察しします。
 
山口 おかげさまで、転職した会社でも結果を残し、さらに別の大手不動産会社へ移籍した際は、全国に800人いる営業の中で7年連続1位の成績を上げることができました。やがて、もっと自分のスタイルを貫きたい、大勢のお客様とお付き合いしたいと思うようになり、独立に至ったんです。
 
杉田 全くの素人から7年連続で全国1位になり、さらに独立も果たしたというのは驚きですよ。山口社長がなぜ結果を出すことができたのか、その秘訣をぜひ教えてください。
 
山口 秘訣というほどではないのですが、強いて挙げるとすれば、お客様がどのような状況にいて、どのような物件をお探しなのかしっかり把握してご相談に乗ることでしょうね。例えば親族がおらず連帯保証人をご用意できないお客様でも、私は物件のオーナーさんに「何かあったら私が責任を取るから」と頼み込み、入居していただいたことがあります。時には夜逃げされ、金銭的な負担を負うこともありましたが、私と同じシングルマザーなど困っている人を見過ごすことはできませんから。
 
glay-s1top.jpg
杉田 素晴らしいです。なかなか、そこまでできる方はいませんよ! そうした山口社長の思いやりが通じて、お客様がお客様を呼んでくださったのでしょうね。独立なさって、さらにお仕事が楽しくなったのではないでしょうか。
 
山口 はい、今は本当に仕事が楽しいですよ。例えば、管理している物件のゴミ捨て場の整理に私は自分で行くんです。スタッフに頼むこともできるけれど、それではオーナーさんとの信頼関係を結べません。私は働きながら楽しみを見つけるのが大好きですし、楽をすると仕事が楽しくなくなってしまうんです。
 
杉田 今日こちらにお邪魔したときも、山口社長は温かく出迎えてくださいましたよね。普段から、お客様に対しても細やかな心遣いをなさっているんだろうなと感じました。
 
山口 ありがとうございます。例えば、不動産会社へお部屋探しに行き、お茶を出してもらえるのは普通のことですよね。弊社では、お茶の前に冬は温かいおしぼり、夏なら冷たいおしぼりをお出しするんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事