B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 和歌山県出身。小学校3年生から野球を始め、高校時代は県大会のベスト8にまで進出した。近畿大学では勉強に打ち込み、卒業後は食品・衣料品量販店に就職。その後JAに転職し、和歌山県下のJAでもトップクラスの営業成績を達成した。2004年に保険代理店Kansako Agency(株)を設立。訪問・会話重視の営業でニーズを引き出し、顧客に最適な保険プランを提案している。【ホームページ
 
 
 
オープンな話をするなら、自宅など慣れ親しんだ場所だと気持ちが楽なのは明白。話題が限定されていなければ、なおさらリラックスして会話が弾む。「保険以外のことでも気軽に話してください」。そう語るのは、Kansako Agency(カンサコエージェンシー)株式会社の間佐古泰寛代表取締役だ。顧客のもとへ訪問し、何気ない会話の中から未知のリスクを察知。的確な保険プランを提案する。多くの人にとっては取っ付きづらい保険の海で、大船に乗せてくれる存在だ。
 
 
 

会話を重ねて的確な保険プランを提案

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 訪問型の保険代理店、Kansako Agencyさんは、B-plusに2度目のご登場です。間佐古社長は高校時代に野球に打ち込んでいたそうですね。
 
間佐古 高校野球の監督だった親戚の影響で、小学校3年生から野球漬けの毎日でしたね。
 
八木 野球についてもっとお話を聞きたいところですが(笑)、今日は現在の事業について詳しくおうかがいしたいと思います。保険業界入りのきっかけは、和歌山県御坊・日高エリアのJAへの就職だとか。しかも、営業成績は県内でもトップクラスだったとお聞きしています。
 
間佐古 JAには6年半勤務しました。そこで、貯金の担当をしたり、共済の保険商品を紹介したりする中で、保険と金融業界全般の知識と営業のノウハウを身につけたんです。独立を考えた契機は、大手保険会社から声をかけてもらったことですね。「私を必要とする方がいるのなら、転職ではなく、自分でやってみよう」と、2004年に独立。そして昨年2017年に法人化を果たした次第です。
 
八木 多くの方から必要とされている理由に、訪問型の営業スタイルがあると感じます。来店型ではなく訪問型を主体とするのはなぜでしょう?
 
間佐古 お客様に必要な保険を的確に把握するためです。何気ない会話の中から見えてくる潜在的なリスクもたくさんありますからね。
 
八木 万一のリスクを事前に察知する、人間ドックならぬライフドックというわけですね。