B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

家庭的な雰囲気で
若手を育てる建設会社

 

若手にどんどん挑戦させ責任は自分が取る

 
glay-s1top.jpg
杉田 他社といえば、独立前に勤めていた堀本建設さんとも、とてもいいお付き合いを続けていらっしゃるとか。
 
杉山 はい、お互いに協力しながら仕事を進めています。堀本建設の2代目の社長は私と同い年で、気が合うんですよ。
 
杉田 全ての仕事を自社で抱え込むより、ネットワークを広げて助け合うほうがスムーズに進むもの。杉山社長は、まさに理想的な船出をしているように思います。では、あらためて杉山建設さんの業務内容についてもお聞かせいただけますか。
 
杉山 弊社は、神奈川県内を中心にした建設会社です。業務内容は土木工事を主体に、最近は堀本建設さんの協力で造園やリフォーム・建築なども手がけるようになりました。
 
杉田 様々な工事を杉山建設さんにお願いできると、お客様も喜ぶでしょうね。
 
杉山 はい。「全ての工事が1社で済むので、あちらこちらに頼む必要がなくなった。助かるよ」と言っていただけますね。弊社としても、工事の種類を増やせば繁忙期の偏りがなくなって仕事のバランスが取れるようになる。もちろん最初はできないこともありましたが、他社も含めた仲間たちとのつながりに助けられて、ここまで幅を広げることができました。
 
杉田 杉山社長のお話をうかがっていると、スタッフの方々への配慮が、とても行き届いているように思います。それは意識されていることなのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
杉山 そうですね。弊社は、若い人が元気に働ける会社でありたい。新しいことにチャレンジし、ゆくゆくは独立したいというスタッフをサポートできる会社でありたいんですよ。どんな業界にも、若い人たちを“できない人間”扱いする会社は少なくありません。でも、たとえ失敗したとしてもチャレンジしなければ、成長することもできませんよね。だから仕事はどんどん任せて挑戦させます。そして、万が一のときの責任は私が取るというのが弊社の方針なんです。
 
杉田 経験が少ない若手でも、挑戦すればできると杉山社長は信じておられるんですね。
 
杉山 私にできたことが若手にできないはずはないし、もし失敗したとしても、しっかり謝罪すれば大抵のことは収まるものじゃないですか。だから、私は誰かが「やりたい」と言ったことは必ず実現させてあげたいですね。やりたいことができて、自らが成長できる会社をつくり上げるのが私の目標なんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事