B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 神奈川県出身。物流業界での勤務を経て、土木会社に就職。6年間経験を積んだ後、建設会社に転職した。独立への思いを温めていたところ、同僚の後押しにより決意を固めて起業。2017年2月に杉山建設(株)を設立した。これまでの経験を活かし、土木工事を中心に建築工事など多彩な事業を手がける中で、家庭的な雰囲気を大切にし、若手スタッフの育成にも力を入れている。【ホームページ
 
 
 
神奈川県藤沢市の杉山建設株式会社は、土木工事を中心に建築工事など多彩な事業を手がけている。何よりも「スタッフや同業他社など人とのつながりが大切だ」と語ってくれたのは、代表取締役の杉山弘樹氏。若手にも積極的に様々な挑戦をさせ、責任は全て自分が取る。その姿勢が人を育て、信頼を生み続けている秘訣なのだ。苦労も経験の一つと捉え、目標に向かって歩み続ける杉山社長の仕事観・人生観に迫ってみた。
 
 
 

生まれ育った藤沢市で建設会社を設立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 神奈川県藤沢市に拠点を構え、下水道工事や舗装工事など土木工事全般を手がける杉山建設さん。2017年2月の設立からちょうど1周年とのことで、まずはおめでとうございます。さっそく、杉山社長のご経歴からお聞きしましょう。ご出身はここ、神奈川県藤沢市ですか?
 
杉山 はい、生まれも育ちも藤沢です。もともと私は物流の仕事をしており、リーマン・ショック後に父も携わっていた土木会社に入社したんです。6年ほど働いて、その後は堀本建設という会社で2年間お世話になりました。
 
杉田 その後、独立されて杉山建設さんを設立されたのですね。
 
杉山 はい。ちなみに、父は現在、藤沢で「ケアサポートしおさい」という介護タクシーの運転手をしているんです。
 
杉田 そうなんですか。実は、私の夫は藤沢出身なんですよ。もしかすると、杉山社長やご家族の方とも、意外なご縁があるかもしれませんね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事