B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

太陽光事業で基礎を固め 
不動産事業に挑戦!

 
 
glay-s1top.jpg
 新しいアイデアを生み続けられる勝田社長には、変化を恐れず行動できる強い気持ちがあるんだと思います。
 
勝田 はい、経営者は立ち止まるわけにいきません。常に攻め続ける姿勢が大切だと思っています。私が城さんと初めてお会いした2015年は、弊社にとって第0ステージでした。2016年が第1ステージ。そして今回は、第2ステージの階段が見えてきたところでしょうか。弊社は毎年、この階段を一歩ずつ着実にあがっていきたいと考えています。
 
 勝田社長は野心に燃えながらも、結果を残すために、どのような戦略で挑むべきかを冷静に判断する力を備えていらっしゃる。不動産事業でも、必ず目標を達成するでしょうね。
 
勝田 ありがとうございます。サッカーはシュートを打たなければゴールネットを揺らすことはできませんよね? 経営もそれと同じこと。常に競争を続けながら、未知の分野に立ち向かっていかないと、サッカーでいう得点を奪うことができません。
 
 御社は太陽光発電という事業の母体をしっかり構築しているから、新たな事業にも挑戦できる。基礎をおろそかにしてはいけないというのもサッカーと同じですね。
 
glay-s1top.jpg
勝田 基礎といえば、私はつい先日、結婚したんです(笑)。
 
 それはおめでとうございます! これで勝田社長は、家庭という人生の基礎もつくり上げたことになるわけだ。守るべき家族ができると、絶対に事業を成功させようという強い意欲が、これまで以上に湧いてきたんじゃないですか。
 
勝田 おっしゃる通りですね。それに、披露宴には大勢の経営者の方々が集まってくださり、次のステージへ向かうための大きな刺激になりました。実は不動産事業の他にも、挑戦しようとしている事業があるんですよ。これからリサーチを始めるところですので、それが何かはまた来年、城さんとお会いしたときに発表したいと思っています(笑)。
 
 それは楽しみだなぁ! 1年後、御社の事業がどこまで飛躍を遂げているか、僕もわくわくしながらお待ちしていますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様にとってよいサービスを提供し、喜んでいただく。その仕事の中で自分も含め、関わる全ての人が楽しめる環境をつくることですね。
(勝田健一)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ウィンフィールドジャパン

〒343-0816 埼玉県越谷市弥生町11-5 大野ビル4F

ホームページ
http://winfieldjapan-solarpower.com