B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

体に合わせた服のような
理想のリフォームを実現

 
 
glay-s1top.jpg
長束 まず、お客様が住まいに持つ悩みやリフォームする目的について、しっかりと時間をかけてヒアリングすることですね。その際に大切なのは、ここが自分の家だったらと想像すること。「この場所に棚があれば、もっと収納を増やせるのに」などと、自分が感じた疑問をお客様に投げかけて、答えをいただきながらやりとりを続けます。
 
八木 現在の悩みと将来の目的を聞き取って、不満な点を確実に改善していくわけですね。
 
長束 おっしゃる通りです。リフォームに同じ内容は2つとありません。目の前のお客様のためにオンリーワンをつくり上げる仕事なんですよ。ですから住まいの仕事というよりも、体に合わせたオーダーメイドの服をあつらえるのと同じ感覚が求められます。
 
八木 そのオーダーメイドを実現するには、お客さんとの長い打ち合わせが欠かせないでしょう。時間を捻出するのも大変ではないですか。
 
glay-s1top.jpg
長束 大手リフォーム会社の場合、営業時間の制約や次のお客様のご都合がありますから、じっくりと打ち合わせをするのは難しいかもしれませんね。でも、弊社では全ての案件に私が自ら対応するので、小回りが利きます。ですから、時間が許す限りお客様のご相談に乗れるんです。そうして打ち合わせを繰り返しながら、お客様からの信頼を高めて結果を出す。その結果がまた新たな信頼を生んでいくんですよ。
 
八木 長束代表は、お客さんのために理想の住まいを実現することを最優先にしていらっしゃる。そのことがよくわかるお考えですね。それにこうしてお話をうかがっていると、とても優しくて柔らかい雰囲気が伝わってきます。話をしっかりと聞いてくださるので、初対面でも信頼できる人物だとすぐに判断できますよ。それでは最後に、長束代表がリフォームのお仕事で喜びを感じる瞬間を教えてください。
 
長束 それは、お客様から「ありがとう」という言葉をかけていただいたときですね。頑張ってよかったと心の底から喜びとやりがいを感じます!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
しっかりと体調を管理すること。コンディションを整えなければ、いい仕事はできません。そのうえで、肩肘をはらずに自然体でお客様と接すれば、最良の提案ができると思っています。その結果お客様に喜んでいただくことができ、その喜びが私の仕事の楽しさになるんです。
(長束真司)
 

:: 事業所情報 ::

DESIGN ROOM N

〒660-0081 兵庫県尼崎市蓬川町8 飛鳥グランドパレス310

ホームページ
http://www.kobe-designroom-n.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事