B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 求人広告の企画・提案・掲載を手がける株式会社CIVO(シーボ)さん。まずは佐々木邦峰(ささき くにたか)社長の歩みからうかがえますか?
 
佐々木 私は大阪で生まれ、大学卒業後「お金を稼ぎたい」という気持ちがあったので大手不動産会社に営業職として入社しました。しかし、働いていく中で自分の時間を犠牲にしてまで、ただ数字だけを追求する“働き方”に疑問を持ってしまったんです。今、思えば未熟なだけだったんですが・・・(笑)。そこで、私自身も含めて多くの企業様や働いている方々に働く楽しさを伝えられたらと思い、人材サービス業に転職しました。業界で約4年間、企業様の採用活動に寄り添ってきました。
 
八木 不動産会社から人材サービス業への転職というのは珍しいのでは?
 
佐々木 そうですね。私も想像していなかった道でした。でも仕事を通じて様々なお客様と出会い、多くの経験を積ませていただく中で、お客様へもっと価値のあるサービスを提供したいという思いが生まれるまでになりました。
 
八木 そして、その思いを実現するため、2017年4月に起業されたと。そのタイミングでの独立というのは何かきっかけが?
 
佐々木 前職から憧れている社長がいまして。その方の仕事ぶりを見ていたら私も起業したいと思うようになったんです。男性が惚れるような男気がある方で(笑)。今もその方とはお付き合いがあり、実は弊社の社名もその方に太鼓判をいただいたんですよ。
 
八木 社名にはどういった意味が込められているのか、教えてください。
 
glay-s1top.jpg
佐々木 まずCIVOのCは、Company=自社、Customer=求職者、Client=利用企業であるお客様――の頭文字。そして、「無限大の」の意味を持つInfinityのI。Value=価値のV、Offer=提供する、のOを加え、「求職者、弊社を利用されているクライアント様に無限の付加価値を提供してゆく」という思いを込めました。
 
八木 なるほど。社名に込めた思いを実現するために心がけられていることはありますか?
 
佐々木 広告掲載後のフォローまで、サービス体制をしっかり整えることですね。求人広告を出して終わりではなく、応募者の管理までを、弊社が担います。取引件数は多くても満足度が低いという広告会社が多い中で、弊社はその逆。取引件数は少なくても、お客様の満足度を高められるよう日々努めています。満足度を高めていけば、企業様から弊社を選んでいただけるようになり、取引件数も多くなって来ると信じております。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事