B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。10歳のときに生まれた妹の面倒をみたことをきっかけに、保育士の道を志す。必要資格の取得後に大阪府の保育園に就職し、そこで10年間の経験を積んだ。その後、「理想の保育を実現する」という高い目標のもと、滋賀県守山市に家庭的保育室フェリーチェを設立。“幸せ”を提供できる施設づくりに力を入れている。【ホームページ
 
 
 
滋賀県守山市で環境づくりに力を入れた保育室を運営する、特定非営利活動法人フェリーチェ。理事長の畑昌平氏は、イタリア語で幸せを意味する“フェリーチェ”という言葉を掲げて、子どもたちにとって“理想の保育”を追求している。施設や食事、人員の配置、おもちゃにまで気を配る畑理事長が方針とするのは、「オーダーメイド保育」。子どもたちの主体性を育むことができるというその方針について、詳しくうかがった。
 
 
 

奔走の末、理想の保育室を実現

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 特定非営利活動法人フェリーチェさんは、認可保育園を運営しているそうですね。畑理事長ご自身は、なぜ保育士になろうと思われたのでしょうか。
 
畑 私が10歳のときに、妹が生まれたことがきっかけです。年の離れた妹を世話する中で、保父になりたいという思いが芽生えてきたんです。当時、男性保育士はほとんど認知されていませんでしたが、勉強を重ねて保育士の資格を取得しました。その後、大阪の保育園に就職し、現在では幼稚園教諭二種免許と訪問介護員2級、社会福祉主事任用資格も有しています。
 
畑山 それはすごいですね。そこから独立までの経緯というのは?
 
畑 大阪で10年間保育士として経験を積んだことで、保育理念が養われてきたので、独立したいと考えるようになったんです。それから2年間は、役所や不動産会社を訪ね、銀行にも融資のお願いをして、保育室をつくるための場所探しをはじめとする開室の準備を進めました。どこも飛び込み営業のような突然の訪問だったので、相手側には驚かれたと思います。でも、どうしても理想の保育を実現できる施設をつくりたかったんですよ。そうしてついに開室した今、受け入れてくださった皆様には、本当に感謝しています。
 
畑山 畑理事長の熱意が溢れていたからこそ、この施設は実現したのでしょうね。「フェリーチェ」という名前には、どのような意味があるのですか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事