B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 デザインの力で企業や店舗を応援する、千葉県松戸市のPOSSE designers(ポッセ デザイナーズ)さん。横田専務が起業したのはいつ頃なのでしょう。
 
横田 2016年8月です。スタッフは3名で、私が営業を担当し他の2名がデザイナー。川村さんがおっしゃるように、名刺やチラシ、パンフレット、ショップカード、ロゴ、看板の制作やホームページのデザインなどをお引き受けし、中小企業や店舗のトータルデザインプランニングを得意としています。
 
川村 いろいろなデザイン会社がある中、POSSEさんならではの強みはどのあたりにあるのでしょうか。
 
横田 弊社は、お客様のイメージを反映させたオリジナルデザインを、できるだけリーズナブルにご提供したいという思いで立ち上げました。ですから「お客様と一緒にデザインする」ことを何よりも大切にしているんですよ。例えば、ご提案したデザインがお客様のイメージと合わない場合、他社では修正回数に制限を設けることが多いんです。しかし、弊社はその回数が無制限で追加料金も無料。一からつくり直すことも厭いません。
 
川村 だから、お客様の理想通りのデザインが可能になるんですね。こちらに置いてある生花店のパンフレットも、キレイなだけでなく買い方までわかりやすくまとまっています。
 
横田 生花店にとって、パンフレットをつくる目的は花を売ること。これを見たエンドユーザーの購買意欲を刺激することが重要なんですよ。
 
川村 そのようなデザインをするには、お客様との綿密な打ち合わせが欠かせませんね。
 
横田 はい。弊社の特長の一つとして、お客様との距離感が近いことも挙げられるでしょう。電話で打ち合わせを済ませるようなことはせず、私が直接お会いして仕事を進めるようにしております。
 
glay-s1top.jpg
川村 それなら、安心してデザインをお願いすることができますね。お仕事の中でプレッシャーを感じる場面もたくさんあると思います。横田専務はどのようにお仕事を楽しんでいらっしゃるのでしょうか。
 
横田 オンとオフの切り替えをすることですね。仕事を十分にしたらしっかりと遊ぶ。旅行などに出かけることでデザインの感性も養えますからね。それがしっかりできるようになれば、仕事もプライベートもさらに充実すると思います。
 
川村 オフのときはしっかり遊んでいるから仕事に集中できる。だから、キレイで機能性も優れているデザインを生み出せるのでしょうね。今後のさらなる飛躍を私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
まずはオンとオフのメリハリをつけること。そして、仕事をしていく中で楽しみを見つけることも大切です。
(横田大輔)
 

:: 事業所情報 ::

POSSE designers

〒270-2253 千葉県松戸市日暮3-12-1-202

ホームページ
http://posse.link

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事