B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 大阪府・京都府を中心に関西全域で遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷の整理を手がける「ひめ紫」さん。最近は遺品整理の会社が増えていて、不用品回収業者が行っているケースも多い印象です。その中で、ひめ紫さんはどのような立ち位置で事業をされているのでしょうか。
 
野村 まず、弊社は遺品整理の専門業者で、不用品回収業者との違いは、“遺品をどう捉え扱うか”です。不用品は、持ち主ご本人が「もういらない」と判断して捨てるものですよね。でも遺品は、故人が生前大切に使い、ご遺族の方の想い出の詰まったもので、ご遺族のお気持ちとしては、決して不用品などではないのです。
 
西岡 なるほど・・・。確かに遺品には、故人の想いがこもっていますもんね。そうなると、引き取り方にも違いが表れてくるわけですか。
 
野村 おっしゃる通りです。私はこれまで、不用品回収業者が遺品整理をする現場を何度も見てきました。その中で、ご遺族の立場に立って、想いやお気持ちを汲み取りながら作業する業者は、本当に少なかったんです。以前バンドをされている方が孤独死されている現場で、故人の曲が入った最後の肉声か演奏のMDも、不用品回収業者は「いらないもの」と判断して、次から次へと処分してしまっていました。でも、それは遺品整理でないと思います。
 
西岡 では、野村代表はどのような整理を心がけていらっしゃるのでしょうか。
 
野村 弊社では、遺品一つひとつについて「これは残しておきますか」としっかり確認をとるようにしています。そうしてできる限りご遺族のお気持ちを汲み取り、整理を進めていく。それが本当のプロの遺品整理だと確信しています。
 
glay-s1top.jpg
西岡 中には処分すべきものかどうか、迷ってしまう方もいらっしゃいますよね。
 
野村 そうですね。そのような場合には、ご遺族のほうから気軽に質問していただけるよう、現場ではご遺族とのコミュニケーションを大切にしています。ご遺族のお気持ちを汲み取ることが何より重要ですから。生前整理の場合は、住まわれている方がいらっしゃるのでご本人に確認を取りながら作業を進めていきます。生前整理は高齢者の方が多く、「これもあれも残す」とおっしゃるので、できる限りお客様の要望にお応えいたしますが、時には処分する方向にアドバイスするのも私たちの仕事です。ある意味で一番難しいとも言えますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事