B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW


プロフィール 大阪府出身。高校卒業後は建設会社に就職し、現場監督を務める。その後、当時勢いを増していた人材派遣会社に転職。支社立ち上げから参加し、最終的に西日本統括次長に就いた。2004年、25歳で独立し、(株)TS工建を設立。現在は売り上げ150億、全国に15支社を構えるグループ企業へと成長した。全国の人材紹介事業者中0.2%しか得ていない、厚生労働省からの「職業紹介優良事業者」を取得している。【ホームページ
 
 
 
非正規社員の増加やブラック企業など、仕事にまつわるネガティブな言葉が飛び交う昨今。列島を覆う仕事への暗いイメージに、待ったをかけるのが人材サービス業を行うTSグループだ。求職者や転職希望者を最適な企業とマッチングし、満足できる就労機会を提供するのはもちろん、自社内でもモチベーションアップのために数々の工夫を凝らしている。人を扱うプロともいえる人材紹介会社のマネジメント理念もたっぷりと語ってもらった。
 
 
 

大阪で起業し、全国15社のグループに発展

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 医療・介護・保育分野や建設業界に特化した人材ビジネスを展開するTSグループさん。すれ違うスタッフの皆さんが元気に挨拶してくださって、驚いています!
 
竹之下 人と人をつなぐ仕事なので、「明るく行こう!」と社内で話しているんですよ。お取引先からも「気持ちのいい人が多いね」と褒めていただけますし、みんな、自慢のスタッフですね。
 
水野 人と人をつなぐって素敵な響きです。現在は盛んな人材業界ですが、竹之下さんが起業された当時の状況はいかがでしたか?
 
竹之下 2004年に起業をした当時はまだ珍しい業界で、2006年に看護師に特化したサービス「医療WORKER(ワーカー)」を開始した際は、先行企業が1社しかない状態でした。
 
水野 その状況下で事業開始に踏み切った決断力、先見性は素晴らしいですね。
 
竹之下 おかげさまで十数年が経ち、15支社を展開する規模に成長できました。
 
水野 その成長力は、今後、御社への就職や登録をお考えの方も気になっていると思いますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事