B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 埼玉県出身。大学卒業後、父親と同じ税理士の道を志し、会計事務所で勤務しながら専門学校に通い、国家試験に合格。2ヶ所の会計事務所で経験を積んだ後、父の後を引き継ぎ、「田口正仁税理士事務所」を開く。クライアントの話にしっかりと耳を傾け、悩みを一緒に解決していくのがモットー。弁護士、司法書士等、他士業とのネットワークを持つことも強みの一つ。【ホームページ
 
 
 
東京・台東区の田口正仁税理士事務所の田口正仁代表は、相談しづらい、近寄りがたいといった税理士像とは異なり、明朗快活な人柄と確かな専門性を兼ね備えた、誰にとっても話しやすい頼りになる税理士だ。クライアントである法人や個人事業主を応援し続けるサポーターを自任し、悩み事にはとことん付き合うという田口代表。そのための努力や仕事上の心構え、また自らの強みなどをたっぷりとうかがった。


 

クライアントが何でも相談しやすい税理士に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 税理士さんには僕も会社を経営する身として前々からお世話になっています。いろいろなタイプの方がいらっしゃいますよね。田口代表は、ご自身の仕事でどんなところを大切にされていますか?
 
田口 月並みかもしれませんが、クライアント様とお会いして、税についてはもちろん、会社の業績や悩み、その他様々な話題についてもお話しすることでしょうか。私は法人・個人の方と仕事をしておりまして、クライアント様とはある意味、友達のような関係でありたいんです。友達といっても、ただ馴れ合うのではなくて、何でも話せる、相談しやすい空気を保つことが大事だと思っています。
 
 僕が知る限り、あまり見かけないタイプの税理士さんですね(笑)。先ほどご挨拶した瞬間から表情も雰囲気も明るくて、おっしゃる通り、すごく話しやすいです。
 
田口 ありがとうございます。お金が関係すると話しづらいこともありますから、せめて雰囲気ぐらいは堅苦しくならないよう、こちらから環境を整えるよう心がけているんです。そういう日々の積み重ねがあって初めて、経営者さんもこちらが知りたい深い話を打ち明けてくれるわけですから。
 
 時には、厳しいことを言わなくてはいけないこともあるのでは?
 
田口 ええ、必要とあらば。ルールに照らして、駄目なものは駄目としっかり伝えないと、後々大きな痛手になることもありますからね。