B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。大学時代は音楽活動に打ち込み、卒業後はトヨタのディーラーに就職。営業職として13年経験を積んだ後、独立を見据えて中古車販売の会社で3年修業し、2012年に独立。2017年にティアンドティ(株)として法人化した。現在は新車や中古車を扱うカーショップT&Tを運営している。
 
 
 
大阪府大東市で新車・中古車の販売や整備を手がける「カーショップT&T」。運営会社のティアンドティ株式会社で代表取締役を務める山本剛士社長は、トヨタのディーラーで営業職としてキャリアを積むも、顧客とのふれあいがなくなることを危惧して管理職への昇進を辞退したという過去を持つ。それだけ顧客対応を重視する山本社長は、人との出会いを“奇跡”だと捉え、日々出会った顧客一人ひとりに最適な車を探している。
 
 
 

車探しから整備、修理まで万全の体制で実施

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪府大東市で「カーショップT&T」を運営するティアンドティさん。こちらでは、どのような車を扱っていらっしゃるのでしょうか?
 
山本 弊社は新車から中古車まで、お客様のご要望に添った車をお探しする注文販売が中心です。「こんな車が欲しい」というご希望をお聞きしたら、オークションなどでぴったりの車を探し出し、自社の工場でしっかり整備したうえでお引き渡ししています。
 
畑山 中には、手に入れたい車のイメージが漠然としている方もいるでしょう。
 
山本 そうですね。ハッキリしているのは車種と色、そしてご予算ぐらいというお客様がほとんどです。だからこそ、そこをヒアリングしながら掘り下げて、ご希望どおりの車をご提供するのが私たちの仕事なんですよ。
 
畑山 ニーズを明確にして、満足のいく車を購入できるようにしてくださるんだ。ところで、整備工場はずいぶん広いですよね。見た時は驚きました。
 
山本 ええ、一度に25台くらいは並べることができる広さです。ここでは、ベテランの整備士が修理や車検に対応しています。板金加工などはつながりのある工場に依頼することができるので、車のことならなんでも気軽にお声がけいただきたいですね。
 
畑山 販売からアフターケアまで、全てをお願いできるのがティアンドティさんの強みというわけですね。やはり山本社長は、もともと車がお好きだったのでしょうか。
 
山本 実を言うと、そういうわけでもなかったんですよ。大阪産業大学の交通機械工学科に通っていた当時は、ストリートでギターを弾くのに夢中でした。その時組んでいたユニット名が「ティアンドティ」だったので、青春の思い出を社名にしたんです(笑)。それはさておき、プロのミュージシャンになる夢は、大学で卒業が近づいたことで、区切りをつけました。会社勤めをするのなら、人とふれあう仕事がいい──そう思って、地元のトヨタディーラーに就職したんです。