B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ものづくりは人づくり
育てる派遣で建設を支援

 

田中さんがOKならいいよ

 
名高 研修期間中にも人件費は発生しますから、売り上げが上がらないのに支出が生じることになります。経営的には痛手ですね。
 
glay-s1top.jpg
田中 長い目で見れば損失など微々たるものです。むしろ、研修を行うことによってビジネスマナーや技術を習得させることができますし、本人が先々、どのような未来を想像しているのかを見定めることができます。また、研修期間中に弊社の営業担当者とも打ち解け、仮に派遣開始後、何か悩みが生じたときでも、営業担当者と相談しやすい関係が築けるんですよ。
 
名高 なるほど、研修を行うメリットは多々あるのですね。エンジニアパートナーさんの派遣先としても、ミスマッチが避けられるので喜んでおられるでしょう。
 
田中 はい。研修を終える頃に、派遣先には「未経験ですが、そろそろ連れて行ってもいいですか?」と確認をしていまして。派遣先の担当者は、まだ会ってもいないのに「田中さんが大丈夫だと思うなら、連れてきてもらっていいよ」と快く了解してくださるんです。
 
名高 ほう、田中社長を信頼されているのですね。
 
田中 ありがたいことです。いっぽうで、派遣先で働き始めたスタッフに対しては、ただ漫然と仕事をしてもらうのではなく、何らかの課題を与え、業務を通じてもスキルアップを心がけるよう話しています。逆に、スタッフのスキルアップが望めないような業務については、派遣をお断りすることもあるんですよ。
 
glay-s1top.jpg
名高 仕事を断る!? スキルアップが望めないとしても、エンジニアパートナーさんにとっては確実な収益となるのに、思い切った方針ですね。スキルアップにつながらない仕事って、どのような内容なのですか。
 
田中 ただ現場を監視するだけの業務などです。仮にそうした業務を引き受けた場合であっても、派遣スタッフには必ず課題を与えるんです。例えば、どのエリアで、どの職人さんがどんな動きをしているか、1日を通じてどのような流れで動いているかなどを把握し、報告をするようにと。