B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 兵庫県の姫路市、加古川市、揖保郡太子町の3ヶ所に教室を構える、ダンススタジオTRAX(トラックス)さんにお邪魔しています。今日は隂山代表と伊藤雄輝事業本部長にお話をうかがいます。お2人はそれぞれ、どのような役割分担でお仕事を?
 
隂山 私は主にTRAXの経営に専念しています。スタジオを回って、3ヶ所それぞれの様子も把握していますよ。伊藤はダンスのインストラクターを務めつつ、他のインストラクターたちのまとめ役もしているんです。
 
タージン 伊藤事業本部長は、やはりもともとダンスがお好きだったのでしょうか。
 
伊藤 実は、ダンスを始めたのは23歳からなんですよ。もともとは会社勤めをしていまして。当時、同じ会社の先輩が仕事を終えた後、ダンスをしに街へ出るのについていくうちに、私もだんだん「ダンスがしたい!」と思うようになったんです。それで26歳で会社員を辞めてからは、TRAXの設立当初から、ここでインストラクターをしています。今年2017年で設立10周年なので、もう10年在籍していることになりますね。
 
タージン そうだったんですか。23歳から始めて、今やインストラクターになるなんて、才能がおありなんですね! レッスンへの期待も高まります。こちらでは、どんなレッスンをされているんでしょう?
 
隂山 TRAXには約14人のインストラクターが所属していて、ヒップホップ、パンキング、ジャズ、ブレイクダンス、ロック、アクロバットなど様々なジャンルのダンスレッスンをしています。どのインストラクターもダンスコンテストやステージなどで高い実績があるので、初心者から上級者まで、安心してレッスンを受けていただけますよ。営業時間は日によりますが、平日はだいたい17時ぐらいから、土日は16時ぐらいから開講しています。
 
glay-s1top.jpg
事業本部長の伊藤雄輝氏(右)
伊藤 生徒は中高生が一番多いですが、キッズクラスも開講しています。一番小さくて4歳の女の子もヒップホップを習っているんですよ。他にも、もともとご両親が通ってくださっていて、今はそのお子様もレッスンを受けてくださっているケースもあります。体験レッスンも受け付けていますし、各ダンスの入門クラスもあるので、興味のある方はぜひ気軽に来ていただきたいですね。
 
タージン お子様から大人まで、初心者から上級者まで、様々な方がスタジオに集まってダンスを楽しんでいらっしゃるんですね! 伊藤事業本部長はレッスンをする際、具体的にどんなことを意識されているのでしょうか。